クレド、フィロソフィ

クレド1  素直である 素直の要素とは、否定から入らないことです。誰かにアドバイスしてもらったときは「でも、だって」を使わないようにしましょう。 アドバイスしてもらったことをまず、やってみる。そしてその上でわからなかったことを聞く。ここまでやって初めて素直に意見を聞いたという事が出来ます。 クレド2  stay positive Positiveでいる。プラス発想とは、楽観的な事ではありません。過去を振り返って愚痴を言うのではなく、今よりも先の事を考えることです。今後良くするためにはどうすればよいのか?もっと良くするためには、これから何をするのか考えることが大切です。過去の嫌な事、辛いこと、しんどいことを口にして同情を買うのではなく、そのことが再び起きないように学ぶことが重要です。 クレド3  勉強好き 人から話を聞く時はメモを取るようにしましょう。そして本を読みましょう。そのようにして集めた情報を実行するということが、勉強好きということです。 クレド4  情熱を持つ 自分がどうなりたいのか?どんな人になりたいのか?具体的なモデルとなる人を見つけましょう。そしてその人に少しでも近づくことが出来るようにするためにはどうすればよいか、考えて、行動しましょう。 クレド5  keep smile 常に笑顔でいましょう。医院の理念は口の事で困る人がいなくなる事を目標にしています。ここに来た患者さんに笑顔で帰ってもらいたい。しっかりと咬むことが出来る事で、美味しく食事が出来、健康を維持してもらいたい。素敵な笑顔を作りたい。豊かな生活を送ってもらいたい。そして、来院時にも満足してもらい、立川デンタルクリニックすずきに来るのが楽しみだ、と言ってもらえるような医院を作りたい。その為に笑顔でいっぱいの歯科医院にしたいと思っています。 笑顔は周りを幸せにし、自分自身も幸せな気持ちになります。 心の健康に繋がる医院作りをし、より多くの笑顔に出会うために、まず、私たち自身が心身ともに健康で、常に笑顔でいましょう。 クレド6  say thank you いつも感謝の気持ちを持ちます。何かをしてもらったらありがとう。当たり前の事でもありがとう。「ごめんね」というなら、「ありがとう」 当たり前の事は、いつ当たり前じゃなくなってもおかしくないです。だから、どんなことにもありがとうと言いましょう。 クレド7  感動を与えよう リッツカールトンのクレドには「お客様が満足するかどうか」で判断する。とあります。それには「一人一人のお客様に、限りなく関心を持ちパーソナルなサービスをする」精神が必要。と書いてあります。 患者さんは何を持って満足になるか違う、それどころか、その時々によって同じ人でも変わったりします。だから常に相手に興味、関心を持ち、何をすれば喜んでもらえるのかと考えなくてはいけません。 気配りとは「間違いや失敗のないように、細かいところまで注意を行き届かせること」 気配りは最低限のマナーであり、それを超えた愛のある心配りによって深みのあるサービスは提供されます。 それぞれ異なる患者さんや、メンバーが何をもって喜ぶかを考えるというと、凄く難しいように感じるかもしれません。しかし、心からその人に喜んでもらいたいと思い続けると、自然と出てくるものだと思います。 患者さんや一緒に働いているメンバーの喜びを自分の喜びと思えるそんな人の集まりでありたいとおもいます。 クレド8  かっこよくいよう! 私たちは少数精鋭の選ばれたメンバーです。 高度な治療技術、最高のケアを提供します。 治療中のテキパキとした動きや、優れた電話対応をみて患者さんは私たちの医院を判断します。 私たちは、言葉使い、立ち振る舞い、顔の表情を含め、患者さんから憧れられる存在の人間です。 クレド9  5Sを徹底 5Sの質が私たちのサービスの質です。 整理、整頓、清掃、清潔、躾を徹底し、患者さんへ質の高いサービスを提供します。 クレド10  チームワークを重視 人は1人では何もできません。チームメンバーは尊敬できる人間です。そしてここで知り合えたことを共に感謝します。仕事を通じ、ともに笑い、喜び、お互いを理解し、認め、励まし合います。 クレド11  挨拶を重要視します 私たちは挨拶を大切にしています。聞く人が気持ちの良くなる挨拶をします。 クレド12 報連相、確認を大切にします 私たちは報告・連絡・相談を忘れません。自分だけが持っている情報は周りを不安にさせるきっかけにもなります。マメと言われる位報連相を徹底します。そして、異論、疑問点がある場合には、すぐに提案、確認をします。否定的な意見、他人の批判は言いません。どんな提案でもまず受けて、相手の立場になって考えます。 クレド13 ミーティングを大切にします 私たちはミーティングを大切にします。ミーティングは医院や自分自身をより良い方向に改善するために必要です。各人が様々な考えを持ち、それを出し合うことで一人では思いつかなかったアイデアや方向性が出てきます。ミーティングでは、お互いの事を尊重し、相手の意見に耳を傾けながら積極的に自分の意見を発表します。 クレド14 リーダーシップを発揮します 私たちは、自分で判断できる能力を持っています。 院長に「どうすればいいですか?」と聞くのは新人スタッフだけです。私たちは(色々な選択肢を考えてみましたが)「このようにしたいです。理由は・・・」と言います。 クレド15 目標を明確に持ちます 私たちは自らの目標を具体化し、メンバーの前で発表します。そして、紙に書いていつも目の届くところに貼っておきます。また、再確認をし、進行状況をチェックします。今置かれている状況で何が出来るのか?何がしたいのか?何を要求されているのかを常に意識します。 クレド16  魔法の言葉 私たちは心からおもてなしをする「魔法の言葉」を使います。 相手が言ってもらいたい言葉、言ってくれたおかげで、気持ちが楽になるそんな声かけが出来ます。 「こんにちは」「私たちにお任せください」「あなたの事を私たちにお聞かせください」「頑張っていただき本当にありがとうございます」言葉は癒しです。そして、自分自身にも声かけします。 「明るく、楽しく、個性的に、やさしく、かっこよく」私たちはいつも輝いています。 クレド17 健康でいる 私たちは最高のサービスを提供するために、常に健康でいるように努力します。日々摂取するものに気を付け、運動を行い、体力増進、集中力を高めていきます。 クレド18 時間を守ります 私たちは、時間通りにいらしていただいた患者さんをお待たせしません。お約束通りの時間にご案内できるようにします。またメンバー間での約束事なども、時間を厳守します。 クレド19 物を大切にします 私たちは、仕事で使用する道具を大切にします。道具を大事に綺麗に維持できない人間は、仕事も雑な仕事になりがちです。道具を大切にし、綺麗に維持することが丁寧な仕事の第一歩だと思っています。 クレド20 一緒に働くメンバーを褒めます ありがとう!と言葉で伝えるだけではなく、その人の良いところを探し、見つけ、その人に伝える事をします。それにより、褒めてもらった人は自信につながり、他のメンバーがどのようなところを評価してくれるのか知ることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください