電動歯ブラシの使い方やポイント

こんにちは
立川デンタルクリニックすずき
院長の鈴木です。

 

前回は電動歯ブラシと手磨きの歯ブラシを
掃除に例えて違いを知っていただいたと思います
今回は電動ブラシの使い方やポイントをまとめていきます

 

前回の話の通り
電動歯ブラシだけでは磨き残しが出てしまいます
電動歯ブラシ後の仕上げにフロスなど補助的なものを使ってケアしましょう

 

そして長期間、電動歯ブラシのブラシを交換していない人は定期的に交換してください
電動ブラシのブラシ部分は意外と高価ということもあり
ずっとそのまま使っている人も多いとは思いますが
その状態は掃除機に例えると紙パックがパンパンになって吸引力が下がって
掃除機能が低下している状態です

 

この状態では磨き残しがさらに増えるだけなので

 

性能を十分に発揮できるように電動歯ブラシのほうもケアしてくださいね

 

それと音波系の電動歯ブラシを利用している方は
使用前に必ず一度うがいなどで口の中に水分がある状態で磨きはじめてください
音波系ブラシは水を動かし水流を作り、それで清掃力を高めているので
口の中が乾いた状態では清掃能力が下がるためです

 

使い方のポイント
電動歯ブラシの効果を最も発揮できる方法です

 

歯磨きは朝・昼・晩の3回として
朝と昼は電動ブラシのみで良いと思います
前回の内容の通り綺麗さは「手磨き>電動」速さは「電動>手磨き」なので
時間に余裕がある方は手磨き3回が一番いいと僕は思います
でもそんなに時間に余裕がある方は少ないので・・・(笑)

 

電動歯ブラシを使用する場合は
歯磨き粉は使わない、使用する場合は研磨剤不使用の物を使ってください

 

これはよくある質問なのですが
電動歯ブラシは清掃能力が高いので
研磨剤の影響で歯を削ってしまうことがあるからです
研磨剤なしまたは歯磨き粉自体を使わないことを僕はオススメします

 

朝・昼と時間に余裕を持たせるために電動ブラシを使用したら
夜はしっかり磨いてください
手磨きが一番いいとは重ますが
電動ブラシを使う場合は使用後に歯間ブラシや糸ようじなどを使ってケアしましょう

 

綺麗に磨けているところと、磨けていない場所は
歯医者さんの歯ブラシ指導などを受けると教えてくれます
当歯科医院にもご相談くださいね

 

最後にいくつか補足します
一つ目はマウスウォッシュ
マウスウォッシュは歯磨きをしてから使用しないと効果がありません

 

薬液が浸透するのが表面なので
磨き残しや食べかすが残った状態では効果にムラができてしまい
一番重要な歯に接している場所の細菌に効果が届かないことがあります
必ずしっかり歯を磨いてから使用してくださいね

 

二つ目はよく
「食後する歯を磨くのは良くないのではないですか?」
という質問をいただくことがあります

 

その通りで、食後30分から1時間程度経過した後の方が歯を傷つけないです
しかし、電動ブラシで素早く終わらせたい人、つまり時間があまり取れない人には
その30分後とか1時間後というのは少々難しいのではないでしょうか?
僕はうっかり夕食の時間になっていたことがあります・・・

 

ルーティンとして30分後、1時間後が継続できるのでしたら是非オススメしますが
難しそうならすぐ磨いてください、磨かないよりは磨いた方が良いので
うっかりがあってから僕は食後すぐに磨くようにしています
ご参考になれば幸いです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です