自己紹介その6 理想の歯科医師像

こんにちは

 

立川デンタルクリニックすずき

院長の鈴木です。

 

 

今日は僕の歯科医師としての目標について話したいと思います。

歯科医師として研修がが終了し、どのような歯科医師になるか

どんな未来の自分になりたいか。

それを考えていた時にイチロー考え方を書いた本に出会いました。

研修が終了に近づくと、様々な医局が医局員確保の活動を始めます。

まるで、新入生を勧誘する部活やサークル、新歓コンパのように(笑)

そこで、何を専門にやりたいの?と毎回聞かれるのですが、

様々な分野の点と点が最低限ですが結びつき始めた僕は

全ての分野に興味がありました。

口腔外科も興味がある。

麻酔科で全身管理も大事だと思うし

補綴科で咬み合わせの勉強もしてみたい。

矯正も面白そう。

小児歯科もやってみたい。

予防も大事だよね…

歯周病、虫歯治療は基本だと思う…

全部の科のエキスパートになりたい!!

これがその時の目標でしたし、今も変わりません。

でも、大学の医局の先輩たちには

「それは無理だよ」

「一生かかっても、1分野を極められるかどうかなんだから…」

と、言われました。

確かに、すべての分野、科目で日本一になるのは無理かもしれない。

でも、

「専門外なのでわかりません、専門家のところに行ってください」

とは、絶対に言いたくない…言わない!

でも、

そんなに頭良くないしな…

様々な葛藤の中でどの道に進むか悩んでいました。

悩んだ時にはイチロー本(笑)

メジャー挑戦時のコメントでこんなセリフがありました。

「ほかの誰よりも僕が一番期待しています。その自信がなければここにいません」

「なりたい」自分になるためには、まず、自分が自分に期待できる。

その位努力しなければ…やる前から諦めるなんて…

全てを勉強できる環境。しなくてはいけない環境

それは、開業医で勤務しながら、自ら勉強会やセミナー情報を調べ

休みの日や空き時間を使って勉強する。

その勉強した成果を日々の診療で発揮する。またわからないところを勉強する。

認定医や専門医という称号はもらえないかもしれない。

論文発表の機会を作るのは難しいかもしれない。

でも、日々の診療で

「これが足りない」

と感じたら、そこを勉強、練習する。

それを繰り返していけば、いつか、目標に到達できる。

そう自分に期待し、開業医に勤務する道を選択しました。

勤務先も、勉強会やセミナーは東京で開催されることが多いので

東京の歯科医院限定で探しました。

 

そうして、僕の歯科医人生は始まったのです。

(研修医時代にも貴重な経験をさせていただきましたが、それはまた後日)

色々と歯科医院を見学させていただき東京都多摩市の歯科医院に勤務することになりました。

そこで初めて目の当たりにした壁…

それは自信を持っていたコミニュケーションでした…

その話はまた次回…

自己紹介その5 イチロー選手

こんにちは

立川デンタルクリニックすずき 院長の鈴木博貴です。

自己紹介が続きますが、お付き合いお願いいたします(笑)

 

様々な趣味という名の遊び?を活用し、

本当に少しずつですが成長してきた僕、

本業の学業はかなり、やばい位お粗末なものでした。

興味のある科目は徹底的に勉強するのですが、

興味のない科目はびっくりするくらい全くしない。

歯科には様々な分野がありますが、その分野の点と点が繋がっていない状態でした。

そんな中、ある1冊の本を偶然見かけました。

そんなに読書をしない僕には珍しく

読んでみよう!と中も見ずに買っていました。

 

その本は野球選手「イチロー」の様々な言葉がおさめられている本でした。

41jwIkd3R6L__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_

 

 

 

 

 

 

その本には、衝撃が書いてありました。

自分は何をしているのか?

それを見つめなおすきっかけ。

本当になりたい自分像は?

そのためにはどのような努力をするべきか…

何度も何度も、中身を暗記するくらい読み返し、

その時に響いた言葉を自分の心に焼き付ける。

1か月後読み返すと、今度は別の言葉が響いてくる。

その時、その時で自分あった言葉が変り、

自己分析の大切さを知りました。

この本に出会ってから7年8年位経ちますが、

未だにこの本を読み返しては響く言葉が違うんです。

そのなかで常に響く!

僕の座右の銘となっている言葉があります。

メジャーリーグで初めて200本安打を達成したイチロー選手が

日本での200本安打を打った時との違いを記者に聞かれて

「あの時の自分と、今の自分を比べるのは、今の自分に失礼だ」

とコメントしました。

感動しました。

僕は日々成長できているか…

胸を張ってその言葉を言いたい。

それから僕は本当になりたい自分になるために

5年後の目標を設定することにしました。

そうすると、それを達成するためには1年後までになるべき自分像が見えてきます。

そこまでいくと勝手に半年後の目標、1か月後の目標、1週間後の目標

明日の目標

今日やるべきことが見えてきたのです。

どのような自分になりたいと思ったか…

また、次回(笑)

自己紹介その4 マジックとの出会い

こんばんわ 

立川デンタルクリニックすずき 院長の鈴木博貴です。

今日は自己紹介の続きです。

コミュニケーションという壁にぶち当たり

勉強しようと決意した僕ですが、

勉強の方法が、全くわかりませんでした。

「コミュニケーション上手くなる為にはどうすればいいんだろう」

等とあてもなく彷徨っていました(笑)

そんな時、盛岡にもダーツバーができた

との情報が!!

必然とダーツをする機会が増えました。

お店ができると、ダーツ人口も増えていき

ダーツが出来る店も少しづつ増えました。

そこで、あるお店と運命的な出会いをするのです。

 

新しくダーツをいれた店がある。

との情報を仕入れた僕は

人に連れられ、仕方なく(笑)店に行くのでした!

そのお店は、20年くらい営業をしている

スナック(笑)

外見を見ると、学生は、絶対に入らないだろうな…って店でした(笑)

オバちゃんと、カラオケ歯科無い店ならすぐに帰ろう!

そう思って中に入ってみると、天井一面にトランプ?

ステージ?

昔ながらのソファーやブランデー

一見、皆さんのイメージするスナックなのですが、

普通のスナックとは少し異なるところが…

そこはマジックバーでした。

 

まだ、テレビでマジックブームが来る前の話

 

奇跡の指先 前田さんなんて、誰も知らない時代…

 

目の前で起こる不思議

衝撃を受けました。

 

そこから、お金の続く限り、時間の許す限りそのお店に通うことになるのです。

 

そこで、僕の師匠といえるマジシャンに色々な事

(マジックだけではなく、人生も)を教わりました。

 

毎日、

トランプを触り、

 

鏡と向かい合い

 

そして、いくつかマジックが出来るようになってきました。

 

そうなると人に見せて

 

反応をみたくなるのが人間というもの。

 

事あるごとに、トランプを持ち出して見せていました。

 

(今考えると、かなりメンドクサイ人だったと思います(笑))

 

ある日、僕は初めてそのお店のカウンターの中に入り

 

お客さんにマジックを披露させていただく機会をもらいました。

 

緊張しながらも…

 

いざ!!

結果は惨敗…

 

 

ミスもなければ、タネがばれることもありません。

 

しかし、全くウケなかったのです。

 

落ち込みながら師匠に。

 

「何がいけなかったんでしょうか」

 

その時いただいた言葉は、

今でも鮮明に覚えています。

僕の礎になっているといっても過言ではありません。

 

・自己満足のマジック

・マジックに余裕がない

・そのマジックは見たいと思われているか?

 

 

 

結局、僕は実力のなさから

 

お客さんがが見たいと思っているマジック

 

自分のやりたいマジックやっていたのです。

まさに押し付けです。

 

しかも、お客さんを楽しませるわけではなく

 

「俺はこんなことが出来るんだ!すごいだろ!」

 

的なマジックだったと思います。

 

もちろんアドリブなど一切なし(笑)

 

決められたセリフを決められたタイミングで言っていただけでした。

 

そんなマジック僕だって見たくありません(笑)

 

そもそもマジックショーじゃないですよね(笑)

 

ここでコミュニケーションがわかった気がします。

 

「どのようなものを求めているのか」

「大変な時こそ笑顔が出せるか」

「こちらの都合で、都合のよいものを押し付けていないか」

「相手のニーズに応えられるような引き出しが沢山あるか」

「いかに観客のニーズをつかむか」

 

現在の仕事に通じるものをここで得ることが出来ました。

 

マジックという趣味を通して、コミュニケーション人の基礎を学びました。

 

しかし、学業以外のことに専念していた僕は、

学業の成績は…

 

このままでは、歯科医師になれない。

 

大学を出たのに資格がなければ、何も意味がない。ただ年を取ってるだけ…

 

ここで、ある本に出会います。

現在の座右の銘となっている事が書いてある本です。

 

その話は、また次回…