当院の紹介

当院の様子

雰囲気など、初めての場所に行くのは緊張する。

そんな声にお応えして

動画にて当院の案内を作成いたしました。

 

アクセスしてみて下さい!

歯周病とは

こんにちは

立川デンタルクリニックすずき
院長の鈴木です。

月曜日に国立新美術館で開催されている
ルーブル展に行ってきました。

平日なので、空いてるのかと思いきや、びっくりするくらいの人でした。

僕がいった美術館のなかで、一番混んでたかも…

ルーブルの魅力ってすごいですね。


その中で、目を引いたのは抜歯屋の存在でした。

昔は、歯医者に歯を抜いてもらうなんて、位の高い人だけの特権だったんですね。


一般庶民は闇医者に拷問のように歯を抜かれていたんですね。

しかも、その抜歯屋の周りにはスリとか沢山いて…


凄い時代だったんだなって思います。


また、3~5年後位ですかね。
第二弾が開催されるでしょうから、その時にまた行きたいと思います。



今日から歯周病のお話しをしようと思います。


色々記事を書いていたのですが、歯周病の根本的な事を書いている記事が少ないことに気が付きました。

普段から思いついたことを書いてるツケですね…


歯周病とは以前は歯槽膿漏とも呼ばれていました。

歯を支える骨、歯槽骨が、歯周病菌によって、溶かされ、支えを失った歯はグラグラし、最後には抜けてしまうというものです。


そして、歯周病の一番怖いところは、自覚症状が少なく進行していくところです。


痛みや何かの自覚症状が出たときはある程度進行していることが多いです。



そして、一度溶けてなくなってしまった歯槽骨を元の高さまで戻すことは非常に難しいと言われています。


基本的な治療は良くするではなく、これ以上悪くならないようにする。という治療方法になります。


早期治療が結果を大きく左右するわけです。


なので、早めに行きましょうね!
こまめに行きましょうね!


と啓蒙活動しているのです。




では、実際、歯周病の治療ってどんなことするの?



これについてはまた明日お話しますね!