虫歯予防の話

こんにちは

立川デンタルクリニックすずき
院長の鈴木です。





先日虫歯になりやすい人、なりにくい人のお話しをしました。

口の中の細菌叢のバランスは変えるのが難しく、虫歯になりやすい細菌叢になってしまっている人は、少しでも油断するとすぐに虫歯が出来てしまうかもしれません。


そのような細菌叢をお持ちの方が、どのようにすれば予防歯科を実践できるか、これについてお話しします。



まず、歯磨きを徹底する(笑)

これは、基本中の基本ですよね!

しかし、ここで、ひとつ落とし穴が…


歯磨きをしているのと、歯が磨けているのは別物です。

時間をかけて歯磨きをしているのに、磨き残しが多ければ効果は少ないです。


正しい歯磨きの仕方を覚えて、磨き残しが少ないようにしましょう。



そして、歯磨き粉です。



フッ素配合の歯磨き粉は確かにいいのですが、成人ではあまりフッ素の恩恵は受けられません。


フッ素は歯に取り込まれて虫歯の出す酸に強い歯を作るのですが、成人以降はフッ素は取りこまれにくくなります。


なので、検診の時に大人の方がフッ素を塗ってくださいという方がいるのですが、あまり効果ないですよ。と説明しています。


一番効果的なのは、歯が生えてきてすぐですので、14歳くらいまでは積極的にフッ素を塗ってあげた方がいいと思います。


では成人はどのような予防法があるかというと、ひとつはリカルデントです。


これは歯の再石灰化を促進してくれるので、虫歯菌の出す酸によって初期虫歯ができたとしても、再石灰化能力で治してしまうものです。


再石灰化は自分の唾液の中にある成分を歯が取り込み行うのですが、その唾液の中に必要な成分が不足していると再石灰化は起こりません。

その為にリカルデントを使用することにより再石灰化に必要な成分を補ってあげようという考えです。



このリカルデントが配合されている歯磨き粉がMIペーストです。

歯磨き粉としては高額な商品になるかもしれませんが、虫歯1本の治療費を考えたら安いものだと思います。


歯科医院かハンズやロフト、プラザ、通販で購入することが出来ます。

牛乳成分が入っているため牛乳アレルギーのある方は使用できません。


当院ではメロン、ヨーグルト、ミント、バナナ、ストロベリーを販売しております。