中断してほしくない歯科治療その3

こんにちは

立川駅南口にある歯科医院。立川デンタルクリニックすずき院長の鈴木です。

今日は先日の続き

中断してほしくない歯科治療の第三位にランクインされました。歯を抜いた後の治療についてお話しします。

歯が痛くなってしまい、気が付いたら抜かなきゃいけなくなっていた…抜いた後の傷口が治ったら、そこの治療をしましょうね!

そういわれて、でもいたくないし…なんか色々選択肢提示されたけど…

気が付いたら、そのまま放置していた…

まあ、奥歯だし!見た目に関係ないし、まあ、いっか!

そう思っていませんか?
たまに患者さんから、

「奥歯で見えないし、咬むのに支障がないから、そのままじゃダメなんですか?」
そう聞かれることがあります。
抜いてすぐはいいかもしれません。
しかし、数年後、放置したせいで様々な弊害が出てきます。

それは、抜いた歯の周りの歯が動いて、咬み合わせが変わってしまうことがあるんです!

元々歯があったところに向かって両隣の歯は倒れてきます。
そして、咬みあうべき歯は下に落ちてきます。

そうなることで、歯と歯の間は緩くなり、咬み合わせが変わると、歯と歯の間に物が挟まりやすくなります。

そうすると、歯周病が進行したり
さらに、他の歯を抜かなくてはいけなくなり
本当に何かしないと咬むことに不自由するようになってしまうかもしれません…

そうなったら、歯科治療は益々大変になります。

動いてしまった歯を元に戻す治療は矯正治療です。

保険がききません。
私費治療になるので、費用も高額になります。期間もかかります。

落ちてきた歯は元の位置に戻すか、削るしかありません。

削る量が多いと、歯の神経を取る事に…

そうなると、その歯の治療だけで、1か月。そこから倒れている歯を元に戻すのに、最低3ヶ月の矯正。

そうやって期間と費用をかけて、元の状態に戻すことが出来れば、まだいいのですが、最悪抜歯になる可能性も…

歯を抜いた後の治療は色々な選択肢があり、しかも、メリットとデメリットがある。

費用も方法によりピンキリで、歯科治療の時間も様々。自分にとってどの方法がベストなのか、よくわからない。考えるのがメンドクサイ。

そう思ってしまう気持ちもよく分かります。しかし、あと伸ばしにしてもいいことはなにもありません。

問題を先送りにしているだけで、何も解決していませんし、どんどん状況は悪化してしまいます。

親知らずの抜歯や、歯科医師が、そこは抜いたままで大丈夫!と言った場所に関しては、特に心配しなくていいと思いますが、そこは何かしないといけないね!そう言われた場所は、やっぱり、何かしないといけません。

そのままにしていても、良いことはありません。
放置しないようにしましょう!!



中断してほしくない歯科治療、その2

こんにちは

立川駅南口にある歯科医院。立川デンタルクリニックすずき院長の鈴木です。

今日は先日の続き、中断してほしくない歯科治療の第二位についてお話しします。

基本的には歯科治療は、全て中断してほしく無いのですが、その中でも、特に中断してほしくないものは、根っこの治療であることは前回お話ししました。

今回は、第二位にランクインされた、金属の型どりをしてから、金属を入れるまでの期間についてお話しします。

型どりをする場合はいくつか種類があると思います。

虫歯になって、部分的な金属を作るための型どり、全て覆う差し歯を作るための型どり、何本か繋いだ大きな金属の型どり、入れ歯の型どり、マウスピースやナイトガードなどの型どり

これら全てにおいて言える事なのですが、型どりをしてから、時間が経ってしまうと、歯の位置が動いてしまう。という事があります。

本来、歯は隣の歯と接していて、咬みあう歯と接している状況です。そこに、頬の筋肉や舌の筋肉、唇の筋肉など、さまざまな筋肉とのバランスで、歯の位置が決まっています。

金属を作るためには、当然、金属が入るスペースが必要なので、歯と歯の間や、咬み合わせの場所など削り、歯が他の歯と接していない状況になります。

仮の詰め物を入れる事で、ある程度歯の位置を固定することが出来るのですが、それもずっとというわけではありません。

歯の位置が変わってしまうと、歯と歯の間がきつくなったり、緩くなってしまったりします。

きつい分には、金属を削って調整すればよいのですが、緩くなってしまうと金属を作り直すしかありません。

また、仮歯などは、次回の治療までに外れたりしないように、咬み合わせを緩く設定する場合があります。

その状態で時間が経ってしまうと、咬みあう相手を求めて歯が飛び出してしまう場合があります。そうなると、金属を作るために型どりをしたときと、咬む高さが違うので、金属が非常に高い。という状況になります。あまりに金属を削らなくてはいけない場合は、金属の咬みあわせの面の形が崩れてしまうので、やはり作り直しになります。また、咬み合わせを調整していたら金属のスペースが足りなくなってしまい、金属に穴が空いてしまったため、作り直しというパターンもあります。

複数本の歯を型どりした場合は、その移動がより大きくなります。同時に2本、3本の型どりをしたときは、特に注意するようにしてください。

そして、一番やってほしくないのは…

根っこの治療が終わって、土台の型どりをしたあと、中断してしまうこと。

これは、本当に色々な治療が無駄になる場合があります。

せっかく根っこの治療をしたのに、土台を入れないでいると、また根っこの中に細菌が入り込んでしまい、根っこの治療を一からやり直さなくてはいけない場合があるからです。

何か型どりをしたら、それを入れるまでは出来るだけ歯科治療を中断しない。

都合が悪く、少し間が開きそうな場合は、前もって歯科医師、又はスタッフにご相談ください!

 

途中で中断すると後が大変な処置

こんにちは

立川デンタルクリニックすずき院長の鈴木です。

歯科治療って何回も回数がかかるってイメージありますよね?

治療の途中でついつい中断してしまった。そんな経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

基本的には歯科治療は中断してほしく無いのですが、その中でも、絶対に中断しないでね!っていう処置がいくつかあります。

今日はそれらの処置についてお話しします!

歯科治療を中断して欲しくない処置

第一位! 根っこの治療!

第二位! 型どりした後の金属出来上がるまでの期間

第三位! 歯を抜いた後の治療

第四位! 歯周病の治療

まずは、第一位から解説します。根っこの治療は回数がかかる治療です。これには理由があります。根っこの中を綺麗にする。というのは、根っこの中の汚れている原因を綺麗にしていくという目的と、根っこの中で繁殖してしまった細菌を殺す。という二つの処置を同時に行っています。この処置が回数のかかる理由としては、根っこの中にいきなり強力な消毒薬を入れると、強い痛みや腫れが出てしまう場合がある。というのが一番の理由です。

細菌が沢山根っこの中に住みついている場合、強力な消毒薬を入れると、そこにいる細菌は一気に死ぬのですが、細菌が死ぬ際にガスを出したり、膿を出したりします。根っこの中で大量のガスが発生すると、ガスの出口のない歯の中は非常に圧が高い状況になります。これが歯が痛くなる原因です。

そして、大量の膿が発生すると、歯茎が腫れたり、根っこの中からいつまでも膿が出てくるようになります。

このような状況になってしまうと、腫れが収まり、膿が出てくるのを止まるのを待つしかありません。

こうならないように、弱い薬である程度細菌を殺し、次にもう少し強い消毒薬にして細菌を殺す。そんな事を繰り返さないといけないのです。

しかし、ここに問題が…

消毒薬がある程度聞いてくれるためには、最低4~5日は間を開けないといけないですし、逆に期間が空きすぎてしまったら、消毒の効果がなくなり、また同じ薬を入れなくてはいけなくなります。

一般的な薬で、2週間から1か月ほどで消毒薬の効果はなくなってしまうと言われています。

毎日治療することもできないし、間を開けすぎても治療が進まないのが根っこの治療なのです。

そして、一番勿体ないのが…

根っこの中が綺麗になり、最終的な薬を入れました!後は、土台を入れてかぶせ物を作れば終わり!っていう、タイミングで中断してしまった場合。

土台が入る前に長期で中断してしまうと、根っこの中に入れた最終的な薬にまた、細菌が繁殖してしまいます。

口の中や唾液の中には、数えきれないほどの細菌が住みついています。

その唾液が仮蓋が外れ、根っこの中の最終的な薬に到達すると…

そこで、どんどんと繁殖していきます。そうなってしまうと、また一からやり直し…

せっかく詰めた薬を全て取り、一番弱い消毒薬を入れるところから始まります。

この処置が、やっていて僕らも非常にむなしくなる処置です。

あと、1回2回間を開けずに通院してくれたら…

そんなことを思いながら処置します…

通院回数も増え、今までの治療も無駄になり、歯科医師側のテンションも下がる。誰も得をしないので、根っこの治療の中断は極力しないようにしましょう。

もし、前もって、中断せざるを得ないという事がわかっているのであれば、それを歯科医師側にしっかりと伝えてください。

再治療が出来るだけ回数が少なくなるように色々な方法を考えてくれるはずです!

次回は歯科治療中断してほしくないシリーズ第二位について解説させていただきます!