歯医者独特のにおい

こんにちは
立川デンタルクリニックすずき
院長の鈴木です。

先日、勉強会に行ってきました。

その時に、やりたいことをやり終える期日を決めて
それに向かって細かく予定を決めるという事を学びました。

実際にやってみて思ったこと…

まだまだ先で、時間はある!
そう思っていたことが、予定を立ててみると、実は全然時間がない…

やること山積みで、本当に終わるのか?

そうゆうハードさだったという事に気が付きました。
これでは、予定を立てずにやると、最後に凄く大変なことが待っていますよね…

本当に予定を立てて良かったです。

次の課題は、予定通りに行うこと!
もし、予定よりも遅れていたら、なぜ遅れているか検討することが大切です。

なかなかハードですが、やり切ってみようと思います!

さて、皆さんは歯医者というとどんなイメージですか?

一番多いのは、キーンという音が聞こえるという感じですかね?
そして、次に多いのは、独特の消毒薬の臭いですか?

外観、内装、BGMなどは、最近、歯医者さんっぽくない所が増えてきましたよね?

あの、音は…昔に比べると、かなり小さな音になったんですよ!
でも、どうしても音がします。

この音は、歯を削る機械が高速回転する際に出る音です。

回転数が早くないと、歯を削る事が出来ないので、どうしても音が出てしまします。
空気の力で回転させるもの、モーターで回転させるもの
色々な種類がありますが、どうしても音が出ます

その音が聞こえなくするためにヘッドフォンなどを貸し出している医院もありますが、
診療中のコミュニケーションが取りにくいという欠点もあります。

この音が全くでない器具を開発して、特許を取れば、一生食べるのには困らないと思いますが
まだ、発明されていないのが現実です。

そこで、もう一つのイメージ、においを変えようと考えました。

歯医者の臭いって何だろう?
そう思って、色々調べてみたら、

・消毒薬の臭い
・型どりの材料の臭い
・空気を圧縮する機械の臭い

などの候補があがりました。
残念ながら、どれも個人の努力で何とかなるものではないので、
アロマを使って臭いを変えようと思いました。

しかし、ここで一つ問題があります。

色々なにおいが混ざると嫌な臭いになる場合があるという事です。

化粧室に置いている消臭剤
入り口にある芳香剤
受付にあるアロマ

別々の臭いだと、混ざるといい匂いではなくなる
そこで、院内全ての匂いを統一することにしました。

そこで、問題になったのが、では、どんなにおいで統一するか…

既製のアロマオイルを使ってもいいけれど、どうせならアロマテラピーに基づいた匂いにしたい

そう考えて、効能、効果からベースとなる匂いを作り、オリジナルアロマを作成しました!
どんな効能効果が期待できるかは、長くなったので、また次回にお話しします!

何で、忙しいと詰め物とれるの?

こんにちは
立川デンタルクリニックすずき
院長の鈴木です。

昨日は、勉強会参加の為休診とさせていただきました。

全国から医院をより良くしよう!そう日々努力している院長先生、スタッフの皆さんが集まり
自分たちがどのような事をしたら、どのような結果になったのか、それを発表しあう勉強会でした。

非常にためになり、またモチベーションがとても上がるいい刺激になりました!

僕も、もっとこのクリニックを良くするように色々な取り組みをしていきたいと思っております!

さて、先日、僕の歯に入っていた詰め物が取れたのですが、非常に疲れが溜まっていて寝不足で…
こんなときに、何でこのタイミングで?

なぜ、このタイミングで詰め物が取れたのか?
今日は、そのお話しをしたいと思います。

歯に詰めてある詰め物、かぶせ物が取れる理由はいくつかあります。

一つは、虫歯
詰め物の縁から虫歯になり、中が虫歯で空洞になる
そうなると、詰め物と歯の間の接着力がなくなるので、詰め物は外れてしまいます。

詰め物の縁からもう一度虫歯になる理由…
それは、別の機会でお話ししますね!

詰め物が外れる理由
二つ目は、接着剤の劣化

虫歯になっていなくても、接着剤は劣化します。
なぜ、劣化するか?

じつは、口の中って、非常に過酷な環境なのです。
まずは、温度。

アイスクリームのような限りなく零度に近いものから、
温かい物、60度から70度のものまで、幅広い温度変化があります。

そして、酸性度
中性から強酸まで様々なPHになります。

そして機械的刺激
これは、咬む刺激という事ですね!

1日に3000回とも5000回とも言われています。

これを機械に置き換えてみましょう!
さて、このような環境下にある機械はどの位持つと思いますか?

それが80年壊れることなく持つと思いますか?
人間の歯って素晴らしい材料ですよね!!

話が逸れそうなので(笑)
そして、3つ目が…
これが、今回、僕の詰め物が外れた原因です。

それは、歯ぎしり!

人間は疲れたりすると歯ぎしりをするといわれています。

色々理由は言われていますが…
歯ぎしりをすると、歯に余計な力がかかります。
当然、歯も歪みます

この歪みが外れる原因です。

歯と、全く同じ硬さで、歯と全く同じすり減り方をして、歯と全く同じように歪む材料はありません。

このような材料が発明されたら、詰め物が外れるという事も少なくなるんでしょうね!

イメージとして、
木の板に、両面テープでスポンジを張り付けたとします。

そのスポンジを剥がすように力を加えていくとどうなりますか?

当然、スポンジは剥がれますよね!
当たり前です。

しかし、スポンジに両面テープで同じスポンジを張り付け、
剥がす力を加えたらどうなるでしょう?

どちらかのスポンジを固定しないと剥がれません。

つまり、材質に硬さの違い、ゆがみ量の違いがあると、そのギャップは接着面にかかるのです。

歯と硬さやゆがみ量が違う素材が接着剤でついていたら…

歯ぎしりをして、歯の形が歪んだら…
力は、接着剤にかかり、その接着剤は剥がれてしまいます。

普段歯ぎしりをしない人でも、疲れている時などは歯ぎしりをしてしまうことがあります。

咬み合わせが少しでも高いと、歯や歯茎に悪影響を与えるだけではなく、身体のバランスにも影響を与えることもあります。

定期検診で、お掃除だけではなく、咬み合わせもチェックしてもらう事をお勧めします!!

日本が悲しみに包まれた…

こんにちは
立川デンタルクリニックすずき
院長の鈴木です。

今日は非常に悲しいニュースが入ってきましたね…

ニュースキャスターで海老蔵さんの奥さまの小林麻央さんがお亡くなりになりました。

小林さんは非常に前向きに、闘病生活を送っていたように感じます。
そして、それを情報発信することで、沢山の人に勇気を与え、沢山の人から勇気を貰っていた

win-winの関係を非常に多くの人と築いていた人だと思います。

僕は、人間の価値って何だろう?
そう考えたとき、お金持ちであるとか、業界トップであるとかではなく
いかに多くの人に影響を与えたか

それが人間の価値なのではないかと思っています。

芸能人、著名人には必ずアンチと呼ばれる、批判ばかりする人が存在します。

しかし、小林さんに対しては、アンチの人の声は小さかったように思われます。
それだけ、周りの人に愛情を持って、自分の置かれた環境を前向きにとらえて
必死に努力する姿は、人々の心に響くものだったのではないかと…

そんな小林さんだから、今日のニュースに日本中が悲しみに包まれたのではないでしょうか?

この訃報を受け、様々な方がコメントを出していますが、そのコメントを聞いても、
本当に人の事を大切にし、人に愛されていた人だったんだな…

素敵な人だったんだな…そう思います。

ご冥福をお祈りいたします。

追伸
とある女性議員さんのニュースはこれで完全に消えそうですね。
何があったかわかりません。
どうして、あそこまで感情をあらわにしたのかもわかりません。

もしかしたら、何か計算があって、演技であのような音声を残したのかもしれません。

しかし、人の上に立つものとして
あのような指導をする人が国会議員にいたという事が非常に残念です。
怒ると叱るは違います。

そこは、僕も間違わないように気を付けようと思います。

明日は、昨日の続き
なぜ、僕の歯の詰め物は取れたのか…

その話をしたいと思います。