歯科医院はコロナリスク高いの?

こんにちは

立川デンタルクリニックすずき、院長の鈴木です。

最近、報道などで歯科医院はコロナに感染するリスクが高い!という報道があるようで、その報道に対して、現場で実際に診療を行っている立場の人間として、考えを述べさせてください。

報道の根拠としては、新型コロナウイルスは飛沫感染、接触感染が疑われている。歯科医院は治療の際に大量のエアロゾルが発生する。それを吸入することで感染してしまうから受診を控えた方が良い。定期検診など緊急を要さない治療は控えた方が良い。

そのような内容だと思います。

では、実際はどうなのか?僕たち、歯科医院で働く歯科医師、衛生士、コデンタル。そのような職種の人間は他の職種の人に比べると感染のリスクは高いと思います。

唾液が、舞う中、近距離で処置していますし、その数も多いです。しかし、それは新型コロナウイルスに限ったわけではありません。

僕たちは学生時代から、自分の身を守るため、そして、自分がキャリアーとなって患者さんに感染させないため、様々な感染症から防御する術をたたき込まれています。

そのために、院内の環境をしっかりと整えている歯科医院は非常に多いです。医療用のフィルターを用いた空気清浄システムや、エアロゾルを吸い取る口腔外バキューム、器具の滅菌は当たり前、今時滅菌器が無い歯科医院なんて聞いたこと無いですし、機械から出てくる水にまで気を遣っている医院もあります。

なぜか、歯科医院はマスコミから叩かれることが多いんですよね(笑)

高い自費治療ばかり勧める。金儲け。こうやらないと潰れる。手を抜くのは滅菌消毒。そんな報道沢山目にしてきました。

その報道は正しいのかも知れません。一部の歯科医院ではそのようなことがあったのかも知れません。しかし、大多数の歯科医院はそのような報道に負けないよう、様々な対策を取ってきています。

国の定めた治療報酬では、赤字になることの方が多いですが、自分たちが良い医療を提供し、そのような誤解を解くために真面目に取り組んでいる歯科医院の方が多いと思います。

その証拠として、これだけハイリスクな職業と言われている、歯科医療従事者が院内感染を起こした、クラスター。そんな報道ほとんど聞かないと思いませんか?

100%院内感染を引き起こさないとは言いません。しかし、僕たちが当たり前のようにやっていた感染症対策を普通に行えば、今の段階では院内感染を防げていると考えてもいいのではないでしょうか?

でも、リスクがある場所にわざわざ行く必要があるのか?わざわざ治療をしに行く必要があるのか?

僕はあると思います。医療行為は全てにおいてメリットとデメリットがあります。

その医療を受けることで、メリットがデメリットを上回るのであれば、その医療行為は正当だと判断されます。

口腔内環境を整えると、肺炎の併発リスクが減少することは論文などでも明らかです。口腔内環境を改善し、口腔内常在菌を正常化することで、外部から侵入した細菌やウイルスに対して抵抗性を示すことも論文などで明らかになっています。

都心部などでは、もうすでに、全く新型コロナウイルスを体内に侵入させない事など不可能だと思います。

問題は体内に侵入してきたウイルスをいかに発症させないか。自分の免疫力で打ち勝つことが出来るか。だと思います。

僕たち歯科医療従事者は、高い感染リスクの中、自分たちの仕事が、今の時代に、患者さんの感染リスクを下げる質の高い医療を提供していると自負して働いています。

僕たちが危惧することは、自分が無症状のキャリアーとなってしまうこと。

それを防ぐために、少ない予算で可能な限りの防御策をとっています。

DSC_0004

結果として、歯科医院が沢山の感染者を出してしまっているなら、話は別ですが、現段階で歯科医院がクラスターになったという報道は僕は聞いたことがありません。

一部の本当に真面目な歯科医院だけがリスクが低いのではなく、大半の歯科医院がしっかりと感染対策を行っている証拠だと思います。

受診を控えるような報道により、本当に受診者が減少すると、歯科医院は休診せざるを得ない状況になると思います。

しかし、それは果たして新型コロナウイルス感染拡大防止に役に立つのでしょうか?

僕たち歯科医院がしっかりとした医療を提供した方が、感染拡大防止に役立つと思います。

報道の方々には、いつも厳しいご指摘をしていただき、本当に感謝しています。お陰で、沢山の気づきを得て、僕たちは成長し続けています。

問題点を指摘するだけでは無く、その後の歯科医院の取り組みもしっかりと報道していただき、本当に国民にとって有益な情報を流していただけることを切に願います。

どんな立場の人であれ、国民全員が思うことは、早くこの事態から脱却し、平常な日常を送りたいという気持ちだと思います。

だからこそ、痛みが無くても、口腔内環境を整えるための定期検診へ

立川デンタルクリニックすずきでは、出来うる全ての感染防止対策をとり、一刻でも早くこの状況から脱却できるよう、自分たちの提供出来る最高の歯科医療を提供し続けます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

4月の休診日

4月の休診日をお知らせいたします。

4月7日(火)診療いたします

9日(木)休診

14日(火)休診

21日(火)休診

24日(金)研修日

28日(火)診療いたします

29日(水)休診

今後の社会情勢の変化により、診療時間の短縮などございましたら改めて情報更新させていただきます。

当院の新型コロナウイルス対策

こんにちは

立川デンタルクリニックすずき、院長の鈴木です。

新型コロナウイルスの収束が望まれるこの頃、自粛ムードにより立川の駅前もかなり人が少ない印象です。

皆さんも自己防衛のために、色々な手段を講じていると思いますが、当院で取り組んでいる感染症対策についてお話しします。

立川デンタルクリニックすずきでは、使用器具の滅菌はもちろん、患者さん毎のグローブの交換、顔に掛けるタオルの交換、滅菌することの出来ない診療機材へのバリアテープの貼り替え、24時間医療用フィルターを用いた換気など

院内での感染症対策をスタンダードプレコーションに基づき行っております。

しかし、これは今回のコロナ騒動が起きたから取り組んだ物ではありません。

感染症対策に力を入れている医院はかなり増えてきたと思います。業種の中でも歯科医院という場所は、感染症対策を行っている割合が多い業種だと思います。

一部の報道機関で、コロナウイルスに濃厚接触しているのは、歯科医療従事者との報道があったとの事ですが、僕たち歯科医療従事者から言わせてもらえば、新型コロナウイルスだけでは無い。ということです。

歯科を受診される患者さんの中には、風邪の方もいますし、インフルエンザの可能性、新型コロナの可能性、それだけでは無く、B型肝炎、C型肝炎、HIVなど様々な感染症を持った方が受診する可能性があります。

そして、中には歯科治療とそのような感染症は関係ないからと、問診などで答えない方もいらっしゃいます。

そのような状況下で、どのようにして院内感染を防ぎ、自分を守り、仲間たちを守るか?それには、徹底した院内感染防止しかないのです。

立川デンタルクリニックすずきでは、そのような考えの基、スタンダードプレコーションを徹底しておりますので、ご安心ください!

このご時世に歯科治療って必要?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

新型コロナウイルス対策には口腔ケアが有効!ということが発表になりました!

http://www.nsigr.or.jp/coronavirus.html

日本歯科医師会の内部組織である、日本歯科医学会連合という組織が正式に発表しました。ウイルスを体内に入れないためには、うがい手洗いだけでは無く、口の中もきれいにする必要がある。
口腔ケアを行っていれば、誤嚥性肺炎のリスクを軽減することが出来る。
口腔ケアが行き届いていないと、腸内細菌バランスが崩れ、免疫力の低下に繋がる
中国からの報告で、口腔内からの新型コロナウイルスの感染が報告されている

このような結果から、ご自身での口腔ケアはもちろん、重要ですがそれだけでは不十分な場合もあります。歯科医院でのプロフェッショナルケアは様々な感染症の感染リスクを下げることでしょう。

感染したくないから歯科医院を避けるという考え方は、このような理由により否定することが出来ると思います。

何となく、見た目で、そんな感じがする。

そのような曖昧な想像で報道するのでは無く、根拠に基づいた真実を報道していただき、それが、一般国民の有益な情報となることを祈っております。

一刻も早く、日常が通常になりますように!