当院の新型コロナウイルス対策

こんにちは

立川デンタルクリニックすずき、院長の鈴木です。

新型コロナウイルスの収束が望まれるこの頃、自粛ムードにより立川の駅前もかなり人が少ない印象です。

皆さんも自己防衛のために、色々な手段を講じていると思いますが、当院で取り組んでいる感染症対策についてお話しします。

立川デンタルクリニックすずきでは、使用器具の滅菌はもちろん、患者さん毎のグローブの交換、顔に掛けるタオルの交換、滅菌することの出来ない診療機材へのバリアテープの貼り替え、24時間医療用フィルターを用いた換気など

院内での感染症対策をスタンダードプレコーションに基づき行っております。

しかし、これは今回のコロナ騒動が起きたから取り組んだ物ではありません。

感染症対策に力を入れている医院はかなり増えてきたと思います。業種の中でも歯科医院という場所は、感染症対策を行っている割合が多い業種だと思います。

一部の報道機関で、コロナウイルスに濃厚接触しているのは、歯科医療従事者との報道があったとの事ですが、僕たち歯科医療従事者から言わせてもらえば、新型コロナウイルスだけでは無い。ということです。

歯科を受診される患者さんの中には、風邪の方もいますし、インフルエンザの可能性、新型コロナの可能性、それだけでは無く、B型肝炎、C型肝炎、HIVなど様々な感染症を持った方が受診する可能性があります。

そして、中には歯科治療とそのような感染症は関係ないからと、問診などで答えない方もいらっしゃいます。

そのような状況下で、どのようにして院内感染を防ぎ、自分を守り、仲間たちを守るか?それには、徹底した院内感染防止しかないのです。

立川デンタルクリニックすずきでは、そのような考えの基、スタンダードプレコーションを徹底しておりますので、ご安心ください!

このご時世に歯科治療って必要?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

新型コロナウイルス対策には口腔ケアが有効!ということが発表になりました!

http://www.nsigr.or.jp/coronavirus.html

日本歯科医師会の内部組織である、日本歯科医学会連合という組織が正式に発表しました。ウイルスを体内に入れないためには、うがい手洗いだけでは無く、口の中もきれいにする必要がある。
口腔ケアを行っていれば、誤嚥性肺炎のリスクを軽減することが出来る。
口腔ケアが行き届いていないと、腸内細菌バランスが崩れ、免疫力の低下に繋がる
中国からの報告で、口腔内からの新型コロナウイルスの感染が報告されている

このような結果から、ご自身での口腔ケアはもちろん、重要ですがそれだけでは不十分な場合もあります。歯科医院でのプロフェッショナルケアは様々な感染症の感染リスクを下げることでしょう。

感染したくないから歯科医院を避けるという考え方は、このような理由により否定することが出来ると思います。

何となく、見た目で、そんな感じがする。

そのような曖昧な想像で報道するのでは無く、根拠に基づいた真実を報道していただき、それが、一般国民の有益な情報となることを祈っております。

一刻も早く、日常が通常になりますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください