電動歯ブラシと手磨きの歯ブラシ

こんにちは
立川 デンタルクリニックすずき
院長の鈴木です。

 

昨日の雪景色とはかわり冬晴れですね
東京でも積雪していたので今日は歩きにくいかと思いましたが
残らないものですね〜
まだ数日は寒さが残るようなので体調管理はしっかりしたいですね

 

さて、今日は歯ブラシと電動歯ブラシの違いをお話ししたいと思います

 

歯科 医院では電動歯ブラシをあまり置いてなかったり
オススメってしてないように思いませんか?
もちろん売っている歯科医院もあるのですが、ソニッケアーかドルツ…

 

わかりにくいですよね
実は電動歯ブラシと手磨き用の歯ブラシでは開発コンセプトが違います。

 

手磨き用の歯ブラシは
・いかに磨き残しを少なくするか
・いかに綺麗に磨くか

 

それに対して、電動歯ブラシは
・いかに短時間に
・だいたい磨くか

 

というのがコンセプトに開発されています。

 

歯磨き指導で、「もっと歯ブラシを当てる時間を長くしましょうね」って指導されたけど時間をかけたくない
という人は電動歯ブラシが向いています。
しかし、電動歯ブラシだけでは100%汚れを落とすことができないので注意が必要です

 

よく、歯磨きと部屋の掃除は似ているといいますが、
電動歯ブラシを掃除道具に例えると「掃除機」です
そして普通の歯ブラシは「ほうき」
フロスや歯間ブラシは「クイックルワイパー」かな(笑)

 

電動歯ブラシは素早く四角い部屋を丸く早く掃除するのが得意です。
しかし、四隅には汚れが残ってしまいます。
「電動歯ブラシなので磨き方には自信がある」
「高い電動歯ブラシ買ったから大丈夫!」
という人は注意が必要ですが
特徴をしっかりつかんで使用すれば
非常に効果的なツールだと思っております

 

では普通の歯ブラシは?
綺麗にしようと思えば徹底的に綺麗にできます
結局電動と手磨きはどっちが綺麗になるの?

 

それは徹底的にやるなら手磨きです
ポイントは「ブラシが当たらないところは磨けない」です

 

よく水流を発生させて・・・という話もありますが
水流だけで取れるのは食べかすだけだと思います
プラークや歯垢は毛先が当たらないと綺麗に取れないからです

 

電動歯ブラシが「掃除機」で手磨きが「ほうき」
なんとなくわかっていただけたら幸いです
次回は電動歯ブラシの使い方やポイントをまとめていきますね

ホワイトニングとポリリン酸のウソホント

こんにちは
立川 デンタルクリニックすずき
院長の鈴木です。

 

最近「ポリリン酸って効果ないの?」
という質問を患者さんから聞くことがあります。
本日はポリリン酸や当院のホワイトニングについてお話ししたいと思います

 

ポリリン酸とは
リン酸というものが、3つ以上鎖になっている物のことをいいます。
これは、3つ以上であれば何でもポリリン酸となります、3つでも、7つでも1000でも

 

従来の化粧品では3リン酸5ナトリウムという名前で使われていました。
この3つのポリリン酸を短鎖のポリリン酸といいます。
そして、100とか1000とかの長いものを長鎖ポリリン酸、7から10くらいの物を中鎖ポリリン酸といいます。
歯磨き粉にポリリン酸ナトリウムと書いてあるものの多くは短鎖ポリリン酸です

 

ポリリン酸は長くても短くても能力は劣ります。
もっとも能力が高いのが中鎖ポリリン酸です
ホワイトニングではこの中鎖ポリリン酸を用います

 

歯磨き粉で中鎖ポリリン酸を使っているものはないのですか?

 

じつは、この中鎖ポリリン酸のみを抽出する技術がとても難しく 一般の歯磨き粉に使用するには高価すぎるため
比較的安価で手にはいる短鎖ポリリン酸が使用されています
さて、ポリリン酸のホワイトニングは3倍白くなるっていう噂があります
実際そういった質問を受けることもありますのでここにまとめますね

 

まずは2つのポイントを押さえましょう

 

・ポリリン酸には漂白効果はない
・過酸化水素水が白くする

 

え?って思いますよね
実は歯を白くするのは、過酸化水素が分解される際にでる「フリーラジカル」と呼ばれるものが作用して歯は白くなります。
フリーラジカルの発生量は過酸化水素の濃度に比例するので、過酸化水素濃度が濃ければ白くなると思いがちですが
あくまでフリーラジカルの発生量がポイントなのです。

 

ポリリン酸はこのフリーラジカルの発生量が他のホワイトニング基材に比べて3倍です
つまり「フリーラジカル発生量が3倍=3倍白くなる」というキャッチフレーズなんです
最近ではプラチナ触媒と炭素を入れる事で、よりポリリン酸の活性を促しているのでフリーラジカル発生量は3倍以上かもしれませんね

最後にホームホワイトニングで使われている過酸化尿素についてもお話ししておきますね

 

原理は全く同じで
過酸化尿素が分解され過酸化水素になります
それがさらに分解されてフリーラジカルが発生、結果歯が白くなります

 

「過酸化水素じゃだめなんですか?」って思いますよね
過酸化水素3%以上は医薬品で医療機関でのみ取り扱いできるものなのです
なので持ち帰るために過酸化水素を入れると違法となります
こういった法的な問題を回避するために過酸化尿素を使用しているのです

 

ホワイトニングに関しては様々な記事や広告があり、よくわからないで使っていたり受けていたりすることがあると思います
「フリーラジカルの発生量」というのがホワイトニングにおける重要なポイントです
僕自身も今まで6種類のホワイトニング剤を試してきましたが
やはり「ポリリンプラチナホワイトニング」が一番使いたいと思いますね
自分自身が使いたいって思えるもの、実体験がある安心なものを当院では提供しております

高濃度ビタミンCのメニュー

こんにちは

 

立川 デンタルクリニックすずき
院長の鈴木です。

 

今回は当院でおこなっている免疫治療のメニューになります

 

そもそもなぜ「歯科医院でビタミンCの免疫治療なの?」っておもいますよね
当院では「口は身体の入り口、身体の健康は口の健康から」をポリシーとしており
歯周病予防や、外科処置の傷の回復を目的に高濃度ビタミンCの点滴注射をメニューとして始めることになりました。

 

この方法のいいところは、一番手軽なコースで、30分程度、吸収できるビタミン量は12,500mg
前回の記事で経口摂取では半分以下しか吸収できないお話をしましたが
点滴を使うと吸収率100%になります

 

いい話ばかりですが、この治療法にはいくつか副作用があります。
当院では以下の4つを副作用としております

 

・皮膚が綺麗になってしまう
・身体が軽く疲れが取れてしまう
・慢性アレルギー疾患などもよくなってしまう
・がん予防が出来てしまう

 

主に美容系クリニックはこの副作用が主作用として取り扱っていると思いますが
当院はあくまで「歯周病予防と外科処置後の傷の回復」が主作用なので、これらは全て副作用となります
主作用が違うので美容系や皮膚科などよりは比較的安い料金で提供できております。

 

さて、高濃度ビタミンCを取り扱っているクリニックは数多くありますが
当院では使用する高濃度ビタミンCにもこだわっております

 

当院は全て海外のビタミン製剤を使用しています。
それは、国産のビタミン製剤はすべて防腐剤が含まれているためです
防腐剤を血管内に点滴するのは身体によくないのではないかと考えた僕は、防腐剤不使用のビタミン製剤を取り入れることにしました

 

しかし、これには大きな問題がありました
防腐剤が含まれていないと、温度管理の徹底が必要になるのです
ビタミンは温度がある一定以下だと変質してしまい、ある一定温度以上だと分解され、違う物質に変わってしまいます
変質したビタミンCでは効果が著しく低下するため、厳密な温度管理の元、輸入、運搬をおこなってくれる業者さんの協力が必要となりました

 

当院では、国内唯一の勉強会、点滴療法研究会からこうにゅうし
マイラン社というところで作っているビタミン製剤を使用しています

 

・徹底された温度管理での輸送
・防腐剤の不使用

 

この2点を満たすのがこの会社です
ビタミンCはアイルランドの工場から冷蔵コンテナをチャーターし日本に輸入されます
通常個人輸入の薬品は運搬管理の保証ができないので輸入した医師の責任になりますが
マイラン社のビタミンCは製造物責任法で保護されているので、徹底した管理で運搬されます

 

当院で使用している薬剤の濃度や品質は美容系のクリニックと同等以上の
品質の良い薬剤を使用しているので安心していただけると思います
厳密に温度管理された薬品でかつ、輸入運搬なので在庫量に限りがあります
当院で免疫治療を受けたい方は必ずお電話でお問い合わせください
宜しくお願いします

 

次回はアンチエイジングのお話をしますね