なぞの青いテープ

こんにちは

立川デンタルクリニックすずき院長の鈴木です。

いよいよ夏休みも終わりですね…

早いところではもう2学期が始まっていますね!

確かに、今年のカレンダーでは9月1日が金曜日

始業式だけ行って、あと2日休んで授業開始ってなんかリズム掴みにくいですもんね…

学生の時は、二学期って長いなーって思っていましたけど、社会人になって、もう年末?と思うことの方が多くなりました(笑)

それだけ充実した日々を送っている…ということにしましょう(笑)

 

さて、当院に通院中の患者さんで、もうお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが…

今日は、当院の新しい取り組みです。

今日も、某巨人新聞が(笑)歯科医院の滅菌不足について記事にしていましたね。

その記事を書くことは何も問題ありません。

しかし、その背景や解決策などをしっかりと解説してもらいたいと思います。

いたずらに不安を煽るだけの記事は、本当に歯科治療が必要な人の受診を遅らせる原因になりかねません。

問題を提起することは非常に良いと思いますので、提起した問題に対して、このような背景があるからこのような問題が出ている。なので、このように改善すべきだ!

大手新聞社なら、その位の強い発言があっても良いのかと思います。

ただ批判するだけなら、無責任なSNSと変わらないのではないかと僕は思います。

そのように、歯科の滅菌について問題になっていますが、当院では厚生労働省に十分な設備があると認定されている、外来環を取得しています。

どうぞご安心ください!

さらに、より高い水準で院内環境を整える為に、当院独自の高い水準を設定しました。

その取り組みの一つが、バリアテープです。

 

 

 

 

 

このように、滅菌することのできない器具や機械も清潔にするために、処置中に触る所全てを青いテープで覆うことにしました。

このようにすることで、テープの部分しか触りませんし、そのテープは患者さんごとに交換するので、常に清潔です。

しかし、この方法にも欠点があります。

まずは、テープを剥がしたり貼ったりするのに、時間がかかる…

忙しいとき、待っている患者さんが沢山いるときは、1分1秒が惜しいものです…

そんな時はこの時間がもどかしく感じるときもあります…(笑)

もう一つは、テープを貼る時の音が結構する(笑)です。

処置中だけならまだ良いのですが…

治療方針など色々な話をしている時もベリベリ音がします。(笑)

それが、耳障りに感じてしまう人もいるのかと不安です。

しかし、これをすることで、当院の処置中のグローブの汚染は格段に減らすことが出来ます。

今後とも当院は、患者さんに安心して通院していただけるような環境を整えていきますので、多少のベリベリ音は大目に見てください(笑)

よろしくお願いいたします!!

毎年恒例

こんにちは

 

立川デンタルクリニックすずき院長の鈴木です。

毎年恒例のお祭りの日が来ました!

諏訪神社のお祭り

毎年、当院の前が山車の待機場になっていて、特等席で山車を見ることが出来ます。

御囃子もかなり近くで鳴ってます(笑)

DSC_1397

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期が来ると、夏ももうすぐ終わりなんだなーって実感します!

お祭りに参加している皆さん、熱中症には十分気を付けてくださいね!!

 

さて、今日は歯ブラシの価格について。

皆さんは歯科医院で販売している歯ブラシって高いと思いますか?

高い、安いだけでいえば、高いに入るのでしょうね。

確かに、同じものをネット等では、もっと安く売ってたりします。

しかし、ドラッグストアで売っている歯ブラシに比べたら、どうでしょう?

 

いや、何言ってるの?

ドラッグストアの歯ブラシの方が、半分の価格、いや、下手したら三分の一の価格だよ!

安いに決まってる!!

そう思うかもしれません。

しかし、果たして本当に安いのでしょうか…?

 

ここで、皆さんに質問です。

歯ブラシって何のために購入しますか?

そう、歯を磨くためですよね!

 

それでは、歯を磨くための道具として考えたらどうでしょう?

歯磨きが上手で、何を使っても、そこまで磨き残しがないよ!っていう人は、安い歯ブラシでいいと思います。

しかし、ある歯ブラシだと、磨きにくくて磨き残しが多い。ある歯ブラシだと、磨き残しが少ないというような人はどうでしょう?

 

歯を磨くという目的を達成できることが最低限の条件であり、その条件を満たしていないものは、それがどんな価格であったとしても、高いのではないでしょうか?

例えば、移動手段として、車を購入しようとします。

そこで、激安だけれど、故障車で動かないという車を、安いからという理由で買うでしょうか?

その車が観賞用であれば、何も問題ありません。

しかし、移動手段として考えたときに、故障していて動かな車は目的を達成しません。

 

歯ブラシも同様です。

歯を磨くために、磨き残しを少なくして、虫歯や歯周病を予防するために歯ブラシを使用するんですよね?

その歯ブラシでは、磨きにくい、磨き残しが多いというのを分かっていて、それがドラッグストアで特売だったからという理由で購入するのは、本当に安いのでしょうか?

 

僕はその歯ブラシは目的を達成しないのであれば、高い買い物だと思います。

 

歯科医院で販売している歯ブラシは、様々な特徴があります。

その特徴と、磨き残しや磨き方を考え、ベストな歯ブラシをお勧めしています。

 

それを歯科医院で購入し続けろとは、いいません。

それが古くなったら、同じものをもっと安く販売しているネット等で購入するのは構わないと思います。

しかし、磨けない歯ブラシを購入するのは意味がないと思います。

 

歯磨きって難しいと思います。

非常にテクニックが必要だと思います。

そのテクニックを歯ブラシ指導などで身につけるか、それが出来なさそうなら道具でカバーする。

それが、本来の道具の使い方ではないでしょうか?

 

皆さんも是非一度、今お使いの歯ブラシで、どの位磨き残しがあるのか?

それが、ブラシを変えると、どの位磨き残しが少なくなるのか?

歯科医院で相談してみて下さい。

 

 

暑かった日…

こんにちは

立川デンタルクリニックすずき院長の鈴木です。

今日は暑かったですね…

あと2週間早くこの暑さがあれば、プールの来場者数も例年通り伸びたんでしょうけどね(笑)

今年はプールのお客さんを当てにしていた人は大変でしょうね…

天気どうにもできないですもんね…

 

さて、今日は昨日の続き、

なぜ、オゾン水が一般の生成器では飲用に向いていないと言われるのか?

 

一つは水道水を元に作るから…

というのは、昨日お話ししました。

 

もう一つ考えられる理由が…

それは、法律の問題。

残念ながら、僕はその分野にあまり詳しくないので、もしかしたら間違っているかも…

 

でも、多分、オゾン水が身体に良い!と謳って、飲むことを勧めると、おそらく、その機械は医療機器の認定を取らなくてはいけないと思います。

それが、洗浄効果、除菌効果だけを謳っての機器だと、一般家電と同じ扱いになるのではないか…と

つまり、家電量販店で売っている美顔器とかと同じ扱いってことですよね。

 

その機械を売るために必要な認可、試験などが、医療機器だとかなりハードルが高くなるはずです。

当然、その機械の価格も高くなるのです。

そこら辺の複雑な事情があって、オゾン水を飲むことを勧めていないメーカーが多いのではないか…

そう思います。

 

当院で使用しているものは、もちろん医療機器です(笑)

そして、オゾン水も蒸留水で作っています。

なので、歯の掃除の際にオゾン水を使用して、それを飲み込んでしまったとしても、何も問題ないかと。

というより、飲んだ方が色々と身体に良い効果が表れると思います(笑)

 

さすがに、掃除した水を積極的に飲めとは言いませんが(笑)

 

当院で歯石取りをする際に、オゾン水で掃除してください!と一言声をかけてください。

今まで以上にすっきりとした感覚が味わえるかと思います!

 

次回は、歯のケアには必需品

歯ブラシについてお話ししますね!!