歯と花粉症って関係あるの?

こんにちは😃立川デンタルクリニックすずきの歯科衛生士の杉田です🐰

年度末にもなり別れと新しい出会いがある季節ですね🥺

また、花粉の季節でもありますね🤧

みなさんは花粉症ですか?

当院のスタッフは院長初めほとんどのスタッフが花粉症で毎日悩まされています😂

そんな今日は花粉症と歯についてお話していきますね🦷

みなさん、花粉の季節になると歯が痛くなったり…という経験はございませんか?

じつは、歯と花粉症は深く関係があります。

花粉により鼻づまりが起きると副鼻腔炎になっています。

副鼻腔とは鼻の周りにある空洞のことで頬の裏側にかけて広がっている空洞のことをさします

この鼻腔に細菌が感染して炎症が起きている状態を副鼻腔炎といいます。

花粉症で鼻の炎症が起きると上顎に近い副鼻腔の粘膜が腫れて、上の奥歯などを圧迫することで痛みがでてきます。

〜虫歯や歯周病と副鼻腔炎の歯の痛みの違い〜

歯に痛みが出るのは、両方に共通ですが、副鼻腔炎には歯の痛み以外にも症状があります。 

頭痛がする

鼻腔は鼻から目の下まであり、炎症が起きると広範囲にわたり神経を圧迫したりするため、頭が痛くなることがあります。 

頭を動かすと痛む

走ったり頭を下げたりすると、鼻腔に溜まった膿が揺れて頬の辺りが響くような感覚がしたり、痛みを感じたりします。階段を上り下りしたり、ジャンプしたりすると響く場合は副鼻腔炎になっている可能性があります。 

目の奥に圧迫感がある

空洞に膿がたまって、目の奥や下、鼻が圧迫されたような感じがします。

〜治療方法〜

歯科医院で虫歯か副鼻腔炎かどうか判断するには、レントゲンやCTなどの撮影が必要になってきます。

虫歯の場合、痛みがでているときには、虫歯菌が歯の根まで進行している事が多く、神経を抜くような治療(根管治療)になることもあるでしょう。

副鼻腔炎で痛む場合は、抗生物質を服用すれば炎症が治まることが多く、痛みがなくなります。

副鼻腔炎は歯科医院だけで判断することは難しいので、耳鼻咽喉科にも行って診察を受けるのも良いでしょう。

また、花粉症が原因の鼻づまりによる口呼吸によって起こる歯への影響についてお話しします。

鼻詰まりは花粉症に限った話ではありませんが、口呼吸が続いてしまうことで、口の中が乾いてしまい、唾液の持つ自浄作用や殺菌作用が発揮されなくなってしまう可能性があります。


その状態が続くことで、お口のなかで細菌が繁殖しやすくなり、虫歯や歯周病になってしまうリスクが大きくなります。


また、花粉症の症状をやわらげる効果のある抗ヒスタミン薬には、口が乾燥してしまうという副作用があります。
口呼吸は、鼻毛や鼻の粘液などのフィルターによって取り除かれるウイルスやホコリなどが、口で呼吸をするとそのまま喉の粘膜に付着することで、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなることや成長期の段階で口呼吸をしていると、口呼吸に対応できるような歯並びや骨格になっていきます歯並びや骨格の形成に影響することがあります😳

歯磨きやうがいを行うことで、口の中を清潔に保つこと、鼻洗浄や鼻スプレーを使用して、鼻呼吸ができるようにすることが有効です。また、口の中を潤すために、適度な水分補給を行っていただくことも大切です。
花粉症による鼻詰まりがひどい人は、虫歯や歯周病のリスクがあることを認識しておくことが大切です。

むし歯の再発

こんにちは⭐️
立川デンタルクリニックすずきです🪥

今週はトリートメントコーディネーターの田切が担当させていただきます😋

前回のブログではメタルフリーについて書かせていただきました。
メタルフリーキャンペーンも有難いことに好評でたくさんの患者様からお喜びの声をいただきました😊✨

「金属がなくなったことで気にせず笑えるようになった」
「糸ようじが引っ掛からなくなった」
「シミなくなった」

メタルフリーにしたことで、審美性だけでなく生活面でも変化を感じてくださる患者様が非常に多くもっと早くやればよかったもおっしゃる方もいらっしゃいました😋

そんな今日は、虫歯の再発についてです🦷

これまでに、一度もむし歯治療をしたことの無い方は、いらっしゃいますか?
多くの方が歯科医院でむし歯治療をした経験があると思います。
そんな中、皆さんは、『むし歯治療で詰め物や被せ物をしたので、もうひと安心!治った!』と思っていませんか?
むし歯治療が終わったので、全て完了!と思いますよね。実は一度治療した歯の方が天然歯(自分の歯)に比べて虫歯になりやすいんです🫢

保険治療は必要最低限の治療と言われています。
むし歯の治療の際の、詰め物や被せ物の精度がアンフィット(歯にピッタリではない)なので 人工物と歯との間に汚れや食べカスがつまり細菌が溜まって虫歯になってしまうのです。

又、神経をとった歯は木で例えるなら枯れ木の状態になります🌲🍂
緑の葉っぱがたくさん生えている生き生きとした木に比べると脆く折れやすいのと同様に歯も神経を取ると脆くなります。

強い衝撃(歯ぎしり、食いしばり)などで根っこの先が折れてしまうこともありその場合、抜くことになります😲

つまり、簡単に言い直せば、詰め物や被せ物をした後、今度はむし歯の再発に怯えなければいけないことになるのです。
むし歯のリスクが高い人ほど再発しやすく、進行が早いので更に注意が必要です。

むし歯の再発は歯の定期検診で早期発見すること、そして、早めに再治療することが大切だと言われています。

当院も予防歯科を行っております。
ご自身で気づくことのできないことだからこそお口の中のプロ歯科衛生士にお任せください🪥
検診の度に[ダイアグノデント]という虫歯の数値を測る機械でチェックしているので安心です👍
前に通っていたけど、辞めてしまった。
歯科久しぶりで不安という方、今からでも大丈夫です🙆‍♀️
お口の中を健康にして身体全体の健康に繋げましょう🙌

リーダーは歯科医師‼️

3月入り春本番を迎える季節になりましたが、雪が降ったり風が強い日が続いたり、、、寒暖差も激しく管理が難しい今日この頃ですが皆さん、お元気いらっしゃいますか?

今回担当します、

立川デンタルクリニックすずき

歯科衛生士の川﨑です。

先日、臨床歯科麻酔認定歯科衛生士の認定講習、認定試験を受けに行ってまいりました‼️

歯科衛生士の仕事の大切さ、責任の重要性を再確認した大事な時間でした。

患者さんに安心した歯科医療を提供するべく、医院にしっかりと落とし込んで日々鍛錬していこうと改めて感じた時間でもありました。

医療はチーム医療、当院のチームワークもさらに強化していきますので、皆さんこれからも当院をよろしくお願いいたします🙇

さて、今日はそんな事からチーム医療をになっている要、まずは歯科医師について改めてお話ししていきたいと思います‼️

リーダーは歯科医師

 歯科医学の進歩につれて、歯科医療の分野でも業務は複雑になってきました。そこで昔は歯科医師一人でしていたことも、現在は歯科医師を中心に歯科技工士、歯科衛生士、歯科助手のチームワークで行うようになりました。

 まずはリーダーである歯科医師についてです。歯科医師は、全国に二十九ある大学の歯学部で六年間の教育を受けています。最初の二年間は教養課程で一般教養を学び、その後四年間、専門教育を受けます。専門課程の最初の一年間は基礎医学(解剖学、生理学、病理学、細菌学、薬理学など)を中心に学びますので、医学部とほとんど同じです。あとの三年間が歯科の専門分野の教育を受けます。そして難関の歯科医師国家試験を受験し、合格してはじめて歯科医師としての業務が行えるようになります。

01-09.jpg

 現在、私たちの仲間は全国で約七万四千人いますが、毎年約三千二百人ずつ新しい歯科医師が誕生しています。昔は「歯医者は待たされる」とよくいわれていましたが、最近はずいぶん改善されたようです。以前は痛みを止めるだけの応急処置に追いまくられていた私たちも、ゆっくり患者さんとコミュニケーションをとりながら診療できるようになりました。

これまで私たちは、医院にいて、来られた患者さんだけを診療していました。しかし今後は、寝たきりになってしまって医院に来て受診できない患者さんに、訪問診療を行うことも更に必要になってきています。在宅老人介護を行う家庭が増えて、そのようなニーズがたくさんあることもわかっています。高齢化社会を迎え、歯科医師の担わなければならない分野はますます多くなるでしょう。

近年、全身疾患と口腔内は密接に関係している事もわかっています。全身の健康を維持するためにもまずはお口の中から、健康を保つ必要も出てきています。

当院では質の高い生活を提供できるようチームで様々な事に取り組んでおります。

なにかお困りの事がございましたら、ぜひ当院にご相談ください‼️

次回は歯科衛生士についてお話ししたいと思います😊