自己紹介その4 マジックとの出会い

こんばんわ 

立川デンタルクリニックすずき 院長の鈴木博貴です。

今日は自己紹介の続きです。

コミュニケーションという壁にぶち当たり

勉強しようと決意した僕ですが、

勉強の方法が、全くわかりませんでした。

「コミュニケーション上手くなる為にはどうすればいいんだろう」

等とあてもなく彷徨っていました(笑)

そんな時、盛岡にもダーツバーができた

との情報が!!

必然とダーツをする機会が増えました。

お店ができると、ダーツ人口も増えていき

ダーツが出来る店も少しづつ増えました。

そこで、あるお店と運命的な出会いをするのです。

 

新しくダーツをいれた店がある。

との情報を仕入れた僕は

人に連れられ、仕方なく(笑)店に行くのでした!

そのお店は、20年くらい営業をしている

スナック(笑)

外見を見ると、学生は、絶対に入らないだろうな…って店でした(笑)

オバちゃんと、カラオケ歯科無い店ならすぐに帰ろう!

そう思って中に入ってみると、天井一面にトランプ?

ステージ?

昔ながらのソファーやブランデー

一見、皆さんのイメージするスナックなのですが、

普通のスナックとは少し異なるところが…

そこはマジックバーでした。

 

まだ、テレビでマジックブームが来る前の話

 

奇跡の指先 前田さんなんて、誰も知らない時代…

 

目の前で起こる不思議

衝撃を受けました。

 

そこから、お金の続く限り、時間の許す限りそのお店に通うことになるのです。

 

そこで、僕の師匠といえるマジシャンに色々な事

(マジックだけではなく、人生も)を教わりました。

 

毎日、

トランプを触り、

 

鏡と向かい合い

 

そして、いくつかマジックが出来るようになってきました。

 

そうなると人に見せて

 

反応をみたくなるのが人間というもの。

 

事あるごとに、トランプを持ち出して見せていました。

 

(今考えると、かなりメンドクサイ人だったと思います(笑))

 

ある日、僕は初めてそのお店のカウンターの中に入り

 

お客さんにマジックを披露させていただく機会をもらいました。

 

緊張しながらも…

 

いざ!!

結果は惨敗…

 

 

ミスもなければ、タネがばれることもありません。

 

しかし、全くウケなかったのです。

 

落ち込みながら師匠に。

 

「何がいけなかったんでしょうか」

 

その時いただいた言葉は、

今でも鮮明に覚えています。

僕の礎になっているといっても過言ではありません。

 

・自己満足のマジック

・マジックに余裕がない

・そのマジックは見たいと思われているか?

 

 

 

結局、僕は実力のなさから

 

お客さんがが見たいと思っているマジック

 

自分のやりたいマジックやっていたのです。

まさに押し付けです。

 

しかも、お客さんを楽しませるわけではなく

 

「俺はこんなことが出来るんだ!すごいだろ!」

 

的なマジックだったと思います。

 

もちろんアドリブなど一切なし(笑)

 

決められたセリフを決められたタイミングで言っていただけでした。

 

そんなマジック僕だって見たくありません(笑)

 

そもそもマジックショーじゃないですよね(笑)

 

ここでコミュニケーションがわかった気がします。

 

「どのようなものを求めているのか」

「大変な時こそ笑顔が出せるか」

「こちらの都合で、都合のよいものを押し付けていないか」

「相手のニーズに応えられるような引き出しが沢山あるか」

「いかに観客のニーズをつかむか」

 

現在の仕事に通じるものをここで得ることが出来ました。

 

マジックという趣味を通して、コミュニケーション人の基礎を学びました。

 

しかし、学業以外のことに専念していた僕は、

学業の成績は…

 

このままでは、歯科医師になれない。

 

大学を出たのに資格がなければ、何も意味がない。ただ年を取ってるだけ…

 

ここで、ある本に出会います。

現在の座右の銘となっている事が書いてある本です。

 

その話は、また次回…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です