自己紹介3

みなさん こんにちは

立川デンタルクリニックすずきの院長 鈴木博貴です。

長々と自己紹介が続きますが、

もう少しお付き合いください。

ダーツまみれの鈴木少年が現実を知った後

どのような行動をとったのでしょうか?

まず初めに、50歳の時に何をしているかを想像してみました。

すると、ダーツバーの経営者になっている自分は

全く想像できませんでした。

接客の難しさや、話題の提供方法など

自分は接客能力が素人であることに気が付いていましたので

こんな難しいことは出来ない!

と、またそこから逃げ出したのです(笑)

受験勉強をしていたほうが楽だと思った鈴木少年

大学入試に向け本腰をいれるのでした。

この時11月…遅っ

そんな短期間で入れるほど甘いものではなく

何とか合格通知をいただいたのは、母校

岩手医科大学

歯学部…

s-P1130725

 

 

 

 

 

医学部でない学部に進学するかどうするか、

迷った鈴木少年ですが、もう一年浪人しても

また以前の生活に戻るのでは…

以前の生活の楽しさを知っていた僕は

その誘惑を断ち切れる自信がなく

前に進むために入学を決意しました。

しかし、それこそ「なりたい」と全く思っていなかった学部

1年生は本当につまらなかったです。

周りと打ち解けようともせず、

希望もなく

目標もありませんでした。

転機が訪れたのは3年生の時

専門的な授業が少しずつ入ってきて

実習なども面白いと思うようになってきました。

少しでも面白いと思うと凝り性は発揮されます(笑)

興味のある分野だけは勉強しました。

また、その時大学外のつながりを求めて

スポーツジムのサークルに加入していました。

競技は「スカッシュ」

s-s12

 

 

 

 

 

 

壁打ちテニスみたいなやつです。

日曜は朝からスカッシュするため、土曜の夜は

遊びに行かず、早く寝る(笑)

以前とは全く異なる生活に変わりました。

そのサークルで、ある一つのことに気が付きました。

「僕はコミュニケーションをとることが苦手かもしれない…」

色々なサークルの人たちが大会の後に懇親会で集まったとき。

僕は、特定の人間としか話をしていないことに気が付いたのです。

友人は、違うサークルにも沢山知り合いがいるのに…

そういえば、大学も全く知らない人がいる…

コミュニケーションの取れない歯医者?

このままでいい?

ここで初めて、授業とは関係のないものを勉強しようと思うのです。

どのようにして、コミュニケーションの勉強をしたか。

次回をお楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です