歯ブラシの重要性

こんにちは

立川デンタルクリニックすずき院長の鈴木です。

久しぶりのブログ更新になってしまい、申し訳ありません…

インスタばかりではなく、出来るだけこちらも更新しようと思いますので、よろしくお願いいたします。

今日でGWも最終日!

明日から通常通りの生活に戻る方も多いかと思います。

当院は一足早く、今日から通常通り診療しております。

さて、GW皆さんはいかかお過ごしになられましたか?

僕は、家族で温泉に行ってきました。

そこで、実感したことを今日お話ししたいと思います。

今回の旅行で、僕はあえて、いつも使用している歯ブラシを持って行きませんでした。

これは意図したものではなく、国内旅行だし、旅館に歯ブラシ付いてるし、大丈夫!と甘く見ていた

というのが、事実です。

歯科医師になってから、旅行の際は自分の歯ブラシを持っていました。

というより、カバンに常に歯ブラシが入っていたので、備え付けの歯ブラシを使用するという事があまりなかったのです。

しかし、今回数年ぶりに、自分が普段使っている歯ブラシではないものを数日間使用するという事態になりました。

もちろん、旅館に備え付けの歯ブラシです。

そこまで期待していません(笑)

それでも、結論から言うと、かなり磨きにくかったです…

というより、磨けなかった…

「磨きにくい」という事は、効率は悪いけれど、時間をかければ磨くことが出来る。

綺麗にすることが出来る。という意味です。

しかし、今回旅館にあった歯ブラシは、何分磨いても、磨き残しが取れませんでした…

凄く高級な旅館というわけではありませんが、凄く安い旅館。というわけでもありません。

ごくごく普通の旅館です。

歯ブラシの大きさや形状も、パッと見はそこまで磨きにくそうな形をしていたわけではありません。

「ちょっと大きいかな…」っていうのが、見た目の感想でした。

しかし、磨いても、磨いても、歯垢染め出ししたわけでもないのに、口の中が気持ち悪い

磨き残しがあるのがわかる。

丁寧に、色々な歯磨き法を駆使して磨いたのですが、やはり磨き残し感が消えない。

気が付いたら45分間、歯を磨いていました…

でも、爽快感は得られませんでした。

そして、昨日家に帰って一番最初にしたことは、歯磨き(笑)

ずっと、口の中が気持ち悪かったんです…

そして、いつも使っている歯ブラシで、5分ほど磨いたら…

自分の歯って、こんなにツルツルしてたんだ!って思うくらい(笑)

すごくツルツルして、気持ちの良い口の中になったんです!

いやー

本当に、歯ブラシって大事だなーって

今まで、歯の磨き方が上手であれば、歯ブラシなんて、なんだってそこまで違わない。

歯磨きの技術がない人や、歯磨きに時間をかけることが出来ない人が、それを補うために磨きやすい歯ブラシを使うべきだ!って勝手に思ってたんですね…

でも、これは、技術の問題じゃない(笑)

磨けないものは磨けない(笑)

やっぱり、きちんと磨ける歯ブラシを使用しないと、時間と労力の無駄だって良く分かりました。

薬局で売っている歯ブラシよりは使いにくかったと思います。

でも、見た目の形態はそこまで悪くなかった。

という事は、毛の素材や太さ、シナリ方、強度などでしょう…

ここで、経験談から、声を大にしていいたいと思います。

磨けない歯ブラシでどれだけ頑張って歯を磨いても無駄です!

しっかりと磨ける歯ブラシを使いましょう!

歯医者が、知識とテクニックを使っても磨けませんでした(笑)

自分に合った正しい歯ブラシを使うことの重要性を知ることが出来た貴重なGWでした。

ご自身にどんな歯ブラシが合っているのかわからない方は、いつでもご相談ください。

当院衛生士が、ブラシの当て方からケアグッズまで指導させていただきます!

歯科衛生士国家試験

こんにちは

立川デンタルクリニックすずき院長の鈴木です。

先日、歯科衛生士の国家試験がありましたね!

受験生の皆さんお疲れ様でした。

実力は十分に発揮できたでしょうか?

結果発表が楽しみですね!

4月から晴れて歯科衛生士として働く皆さんの活躍を期待します!

仕事に対してやりがいと誇りを持った衛生士さんになってくれることと思います。

そんな歯科衛生士さんですが、主に歯周病の治療や虫歯の予防などで活躍するかと思います。

ここで新人衛生士さんにいくつかアドバイスをしたいと思います。

仕事を楽しく、誇りをもってするためには…

まず第一に元気よく「はい!」と返事をすること。

「はーい」ではなく、「はいっ!」っていう感じに小さい「っ」が入る感じです。

この返事は、やる気があるように感じますし、教える側も教えていて気持ちの良い返事に聞こえます。

新しい職場で、お互いあまり知らず、緊張が解けるまでは第一印象が非常に重要です。

良い返事は相手に好感を持たれる最も効果的な物だと思います。

次に、話を聞く時はメモを取りながら話を聞く!です。

実際の歯科医院での仕事は、学生時代に習っていた学術的な物だけではありません。

今まで使ったことのないような機械もあるかもしれません。

そのような物の取り扱いを一回で覚えるのは至難の業です。

しかし、教える側の意見は、一度教えたらもう分かっているもの。と考えがちです。

教えてもらったのに、出来ない…という事を無くすためには、メモを取るのは必須です。

メモの良い点は、聞いたことを書くという行為を行うことでインプットしやすくなる。後で見返すことが出来るので、知識が定着しやすい。という事があります。

そして、何より、一生懸命覚えようとしていると、先輩に映ることです。

しかし、その反面、メモを取っているにもかかわらず、何回教えても理解できない場合は、何を書いているんだ!って逆効果になる場合もあります。

メモを取って聞くだけではなく、知識を定着させるようにそのメモを見返すという事を心がけましょう!

三つめは、感謝するです。

先輩は教えることが主な仕事ではありません。

それ以外の仕事が主な仕事で、空いている時間に新人衛生士の成長のために教えてくれているのです。

中には、耳の痛いことを指摘する先輩もいると思います。

しかし、そこで、そんな事言われた、嫌なやつ…と思うともうその人から学び取ることはありません。

なぜそのような事を言われたのか、そこを考えて指摘してくれたときに「ありがとうございます」という。これが非常に大事だと思います。

そして、四つ目は「すみませんでした」をしっかりという。

どんなに優秀な新人でもミスを一つもしないというのは不可能だと思います。

でも、そのミスを素直に認めて謝る

「すみませんでした」ということは簡単なようで、なかなか難しいものです。

教えてくれた人の教え方が下手だった、自分はまだ新人だから仕方ない。そう言い訳を作ることは簡単です。

もしかしたら、本当に教えてくれた人が下手だったのかもしれない。説明が理解できない説明だったのかもしれない。

しかし、そこで「すみませんでした」という事で、次も教えてもらえるようになります。

わからないことは聞くことが出来るのが新人の特権です。

その特権を十分に発揮するためには、「ありがとうございました」と「すみませんでした」この二つの言葉が非常に重要になると思います。

最後に、目標となる人を見つける

自分がこうなりたいなーって思える人が同じ職場にいる人は非常にラッキーな人です。

その人を見習って、その人のようになるための努力をするだけです。

しかし、残念ながら職場には目標となる人がいない…そんな新人さんもいると思います。

そんな時に、この職場はダメだ…と思わずに、自分から目標となる人を見つけに外に目を向けましょう!

衛生士向けの外部セミナーなども多数あります。

目標となる人を見つけた方が、絶対に成長は早いです。

そんな人が早く見つかることを祈っています!

歯科衛生士は本当にやりがいのある楽しい仕事だと思います。

しかし、仕事が何もしなくても楽しくなるか?と言われると、それはどんな仕事でも、勝手に楽しくなる事は無いと思います。

しっかりとその仕事に向き合って、その仕事が楽しくなるべく、努力をした人だからこそ、やりがいと充実感を得る事が出来るのです。

ぜひ、歯科衛生士の仕事が楽しい!この仕事をやっていて良かった!そう言ってもらえれば、これからの歯科界も明るくなるのかなと思います。

歯科界の未来を担う皆さんたちの活躍、期待しています!!

いよいよ日韓戦!!

こんにちは

立川デンタルクリニックすずき 院長の鈴木です。

今日はいよいよカーリング女子準決勝ですね!!

予選では買っている韓国!

しかし、予選第一位の圧倒的強さを誇る韓国…

頑張ってもらいたいものです!

美人スキップ対決にも注目ですね!

さて、皆さんに謝らなくてはいけない事が…

先日、明日放送のジョブチューンの取材を受けました!とお話ししましたが、放送時間の関係で、全カット(笑)僕は1秒も映らないとのことです(笑)

しかし、お話しさせていただいた内容で構成していますという事でしたので、お時間のある方は見てください!

僕はオリンピックを見ますw

地上波出ますよーって大きなことを言って、すみませんでした。

次に取材を受けるようなことがあったら、カットされないように、分かりやすく聞きやすく話せるよう、話術を特訓しようと思います。

本当にすみませんでした!

放送後、どのような内容をお話しさせていただいたか、はまたブログにて公開させていただきます。

よろしくお願いいたします!