イチロー選手の考え方

こんにちは

立川デンタルクリニックすずき院長の鈴木です。

明日は、立川の花火大会ですね!

立川駅も花火大会使用になっていました。

あとは天気ですね…

四年前の悲劇が繰り返されない事を祈っています!

 

さて、自己紹介の続きです!

様々な趣味を活用し、少しずつ成長してきた僕ですが、

本業の学業はかなりおろそかになっていました。

 

興味のある科目は勉強するのですが、

興味のない科目は全くしない。

歯科の分野が点と点が繋がっていない状態でした。

そんな中、ある1冊の本と出合います。

 

野球選手「イチロー」の様々な言葉がおさめられている本でした。

野球好きの僕は、軽い気持ちでその本を手に取りました。

そこには、衝撃が待っていました。

自分を見つめなおすきっかけ。

本当になりたい自分は?

そのためには何をするべきか…

何度も何度も読み返し、

その時に響いた言葉をかみ砕く。

1か月後読み返すと、別の言葉が響いてくる。

その時の状況にあった言葉、自己分析の大切さ。

この本に出会ってから78年位経ちますが、

未だにこの本を読み返しては新しい発見や気づきがあります。

そのなかで僕の座右の銘となっている言葉があります。

メジャーリーグで初めて200本安打を達成したイチロー選手が日本での200本安打を打った時との違いを記者に聞かれて

「あの時の自分と、今の自分を比べるのは、今の自分に失礼だ」

感動しました。

僕はそんなに日々成長できているか…

胸を張ってその言葉を言えるようになりたい。

 

それから僕はなりたい自分になるために

5年後の目標を設定します。

 

 

それを達成するためには1年後までになるべき自分像が見えてきます。

すると、半年後の目標、1か月後の目標、1週間後の目標

明日の目標

今日やるべきことが分かるようになったのです。

どのような自分になりたいと思ったか…

ちょうど、研修医が終了し、この先どのような歯科医師になるか

どんな自分になりたいか。

それを考えていた時にイチローの本に出会いました。

研修が終了に近づくと、様々な医局が医局員確保の動きをみせます。まるで、新入生を勧誘する部活やサークルのように(笑)

 

そこで、何をやりたいの?と尋ねられるのですが、様々な分野の点と点が最低限ですが結びついた僕は全ての分野に興味がありました。

口腔外科もやってみたい。

麻酔科で全身管理もしてみたい

補綴科で咬み合わせの勉強もしたい。

矯正も興味がある。

小児歯科も面白そう。

予防も大事だよね…

勿論、歯周病、虫歯治療は基本だし…

全部のエキスパートになりたい!!

これがその時の目標でした。

でも、大学の医局の先輩たちは

「それは無理だよ」

「一生かかっても、1分野のエキスパートになれるかどうかなんだから…」

と、言われました。

確かに、すべての分野で日本一になるのは無理かもしれない。

でも、

「専門外なのでわかりません」

とは、絶対に言いたくない…

でも、

そんなに優秀な人間じゃないしな…

様々な葛藤の中で進路を悩んでいました。

悩んだ時にはイチロー本(笑)

メジャー挑戦時のコメントでこんなカッコいいセリフがありました。

「ほかの誰よりも僕が一番期待しています。その自信がなければここにいません」

「なりたい」自分になるためには、まず、自分が自分に期待できる。

その位努力しなければ…

全てを勉強できる環境。

それは、開業医で勤務しながら、自ら勉強会やセミナー情報を調べ

休みの日を使って勉強する。

その勉強した成果を日々の診療で発揮する。

認定医や専門医という称号はもらえないかもしれない。

論文発表の機会を作るのは難しいかもしれない。

でも、日々の診療で

「これが足りない」

と感じたら、そこを勉強する。

それを繰り返していけば、いつか、目標に到達できる。

そう自分に期待し、開業医に勤務することになりました。

勤務先も、勉強会やセミナーは東京で開催されることが多いので

東京の歯科医院のみ希望しました。

そうして、僕の歯科医人生は始まったのです。

(研修医時代にも貴重な経験をさせていただきましたが、それはまた後日)

東京都多摩市の歯科医院に勤務して最初にぶち当たった壁。

それは自信を持っていたコミニュケーションでした…

その話はまた次回…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください