新型コロナウイルスに感染しないためには?

こんにちは
立川デンタルクリニックすずき 院長の鈴木です。
久しぶりにこの形式でブログを書きます。
世の中がコロナウイルスによる様々な情報が流れている中で、どの情報が正しくて、何がデマなのか?デマと分かっていても不安になってしまう人の気持ちもよく分かります。

新型コロナウイルスは新型なので、はっきりと感染機序や発病機序など分かっていないこともあります。

その中で、ほかのコロナウイルスや、インフルエンザなども含めたレトロウイルスの場合、どのようなことが有効なのか?想像することは可能です。
マスクやアルコールなど、手に入らない物を求めて人混みの中に入り、精神状態も焦りやイライラでストレス過多の状態になるより、今できることをしっかりとやった方が効果的だと思いますので、そのあたりについて、知っている知識を含めてお話しようと思います。

まず、現段階で分かっていることは、新型コロナウイルスは流行性インフルエンザの10倍くらいの致死率であるということ。正確な患者数は把握できていないので、実際はもっと少ないと思います。
そう考えると、重症化するとインフルエンザより少しやっかい。というくらいですかね。
インフルエンザ、毎年流行していますが、その中で入院した人って知ってますか?僕の周りではいません。
当院のスタッフを含めて10名程度に、今までインフルエンザで入院もしくは亡くなった人を知っているか?と聞いたところ、全員知らないという答えでした。

つまり確率的には新型コロナウイルスで亡くなる人はそのくらいの割合で、そこまで心配しなくても良いと言うことです。

持病を持っていない人は8割以上の方が重症化せずに、通常の風邪の症状で終わります。
そこまで不安がらなくても良い病気だということです。しかし、高齢者や幼児、持病をお持ちの方など、免疫力が弱っている人は注意が必要です。
では、どのような注意が出来るのでしょうか?
一番簡単で、費用もかからず、効果が間違いないのは「うがい、手洗い」です。
新型コロナウイルスは、現在の所空気感染はしないと言われています。飛沫感染です。これは、ウイルス自体には移動能力がなく、唾液や汗などの体液に触れなければ感染しないという意味です。
食べ物、飲み物、目をこするなどの前に必ず手洗いをする。
外出後、必ずうがいをする。ということを徹底していれば、かなりリスクを抑えられると思います。

ちなみに、品薄で行列ができているマスクですが、僕らがするようなマスクを外科用のマスクといいます。この外科用マスクは、自分を感染から守る物ではありません。自分が相手に感染させないようにする物です。
なので、マスクをしていれば感染しない。という事ではなく、自分が知らぬ間にコロナウイルスに感染してしまっていても、マスクをすることで、周りの人に感染させるのをある程度防ぐことが出来る。という物であることを認識しておいてください。

実は、もう一つ感染リスクを10分の1にする方法があります!
それは
口の中の掃除をすること!
正確には、新型コロナウイルスで間違いなく、効果が出るか?といわれると、まだ研究も論文も無いので、想像の範囲です。

しかし、同じように飛沫感染で空気感染しないインフルエンザでの研究論文はあります。
歯周病の人は、歯周病で無い人に比べてインフルエンザの罹患リスクは10倍であった。という論文です。

これは、歯肉が腫れていると、口の中に入ってきたウイルスが免疫により侵入を阻害しようとする防御能力が弱ってしまい、ウイルスの侵入を許してしまう。という物です。

イメージとしては、怪我していない皮膚に感染した人の唾液が飛んできて付着しても、洗い流せば問題なさそうですが、擦り傷などがあり、出血している場所に感染している人の唾液が付着した場合、その傷口からウイルスが入っていきそうなイメージ無いですか?

歯周病というのは、歯肉が腫れ、ちょっと触っただけで出血する。つまり、歯茎に擦り傷があるのと同じです。
その状況の口の中に、感染源となる体液をふれた手で食べ物をつかみ、口の中に入れると感染しそうなイメージ湧きませんか?

あくまでもイメージしやすいような、例え話ですが、感染の機序などを考えるとほぼ間違いなく、口の中の清掃状態と新型コロナウイルスの罹患リスクには統計があるような気がします。

うがい、手洗いを徹底すること
歯科医院で歯周病の治療を受けること
すこしでも熱がある場合は、無理せずに休むこと
このようなことで、自分も周りの人も感染リスクを減らすことが出来ると考えられます。
ちょっと丁寧に歯を磨いたら、歯茎から血が出る人!
感染リスクを下げるために、歯科医院で歯周病治療をしてもらいましょう!!

著者紹介

鈴木博貴(歯科医師)

2006年 岩手医科大学歯学部卒業

2007年4月20日 歯科医籍 第158595号 登録

2013年11月 立川デンタルクリニックすずき 開院

「口は身体の入り口 身体の健康は口の健康から」を医院理念とし

分かりやすく、笑顔で、一般歯科、口腔外科、小児歯科、矯正歯科の全ての分野で転院せずに歯科治療を終えることの出来る一貫性を持つことをモットーに治療している

座右の銘は「あの時の自分と今の自分を比べるのは、今の自分に失礼」というイチロー選手の言葉


歯周病ってどんな病気?

こんにちは

立川駅南口から徒歩5分にある歯医者さん立川デンタルクリニックすずき

院長の鈴木です。

皆さん、歯周病って言葉は聞いたことがありますか?

歯周病とは?

聞いたことがある!という方が多いと思います。それでは、歯周病ってどんな病気ですか?と聞かれたら、何て答えますか?

歯茎から血が出る、歯が動く、口臭が出る。どれも正しい答えです。しかし、これらの症状は歯周病の様々な症状の一つにすぎません。

歯周病という病気は、簡単に言うと、歯を支える歯茎の骨が溶けて無くなってしまうという病気です。

歯茎の骨がなくなると、支えを失った歯はグラグラと動くようになります。そして、最終的には歯を抜かなくてはいけなくなってしまうという非常に怖い病気です。

歯周病の正しい知識、悪化すると治らない病気!?

そんな歯周病ですが、勘違いしがちな事がいくつかあるので、そこについてお話しします。

歯周病になってしまい、溶けてしまった歯茎の骨は治療によって元に戻ることはありません。歯周病の治療というのは、これ以上悪化しないように、進行を止めるというのが歯周病の治療であって、歯茎の骨を再生するというわけではありません。つまり、歯周病は一度悪化してしまったら、治らない病気なのです!

CMなどで、歯周病になると歯がグラグラになってしまう。というのは、何となく知っている方が多いかと思います。しかし、自分はまだ、歯が動いたり、グラグラになっていないから大丈夫!と思っている方も多いかと思います。ただ、先ほど説明したように、歯周病という病気は治療によって治る病気ではないので、いざグラグラしてしまいそこから慌てて治療を開始しても遅いのです。

まだ自分の歯が動いていない。グラグラしていない。そのような状況のうちに歯周病のケアをしておくと、治療の効果が現れやすいです。歯周病の治療は自覚症状がないうちからスタートすることをお勧めします。次回は、歯周病の原因は何か?というお話しをしたいと思います。

著者紹介

鈴木博貴(歯科医師)

2006年 岩手医科大学歯学部卒業

2007年4月20日 歯科医籍 第158595号 登録

2013年11月 立川デンタルクリニックすずき 開院

「口は身体の入り口 身体の健康は口の健康から」を医院理念とし

分かりやすく、笑顔で、一般歯科、口腔外科、小児歯科、矯正歯科の全ての分野で転院せずに歯科治療を終えることの出来る一貫性を持つことをモットーに治療している

座右の銘は「あの時の自分と今の自分を比べるのは、今の自分に失礼」というイチロー選手の言葉