歯石取りを希望して初めて来院される患者様へ

立川デンタルクリニックすずき

院長の鈴木です。当院へ歯石取りを希望していらっしゃる方へ、当院での歯周病治療の流れと、当院の考え方についてご説明させてください。

当院は、予防管理型歯科医院として「口は身体の入り口、身体の健康は口の健康から」を理念にお口の中の健康を維持するためのパートナーとして皆様の健康に寄与したいという想いから、歯科衛生士が歯周病治療を担当しております。

当院で勤務している歯科衛生士は、お口の中のお掃除屋さんではなく、歯周病治療の専門家として、最低でも月に一度、勉強会へ参加し、スキルアップと共に日々最新の治療法と考え方を学んでおります。

そして、歯周病治療で重要なことは、今現在の口の中の状態だけを診るのではなく、様々な要因、患者さん一人一人のライフスタイル分析により、最も効果的な治療法を考え、メンテナンスプランを提案することを心がけております。

そのような治療計画を作り上げるためには、様々な検査や、歯茎の状態の変化などを確認しなくてはいけません。

その為に、初診時では、お口の中の写真を撮らせていただき、記録しておき、エアフローと呼ばれる粉と水を吹き付ける事で汚れを落とす機械を用いて、歯垢汚れ、歯ブラシでは落とせなくなってしまったステイン汚れ、比較的最近付着した歯石汚れを取るところまでさせていただきます。

その際、歯肉からの出血や、歯周ポケットの状態、エアフローで落とすことの出来なかった古くからこびりついてしまった歯石汚れがどの程度残っているかというのは、今後、健康な歯茎を維持していくために、どのくらいの期間でメンテナンスを行えば良いかの目安となります。

そして、2回目の来院時に、歯肉の状態がどのように変化しているかの観察と、超音波の機械を使用し歯石取りを行います。

3回目の来院時で、歯周ポケットの中に目では見えない、隠れ歯石が付着していないかを調べるための検査をさせていただき、今後の治療方針や、メンテナンスの期間を相談しながら決めていきます。

歯周病は一度かかってしまうと、一生付き合っていかなくてはならない病気です。

その歯周病と上手に付き合っていくためには、様々なデータと一人一人にあった、メンテナンス方法の提案が必要となります。

当院では、気になったときに、気になったところだけ掃除する、お口の中の掃除屋さんでは無く、歯周病治療の専門家として、良くなった口の中の状態を、どのようにして長期間維持していくかという事に焦点を当て、健康を維持するパートナーとして最大限の努力をいたします。

患者さん一人一人に、現在の状態を理解して頂き、必要な治療を、納得して受けて頂くためには、検査と分かりやすい資料の作成、そして説明のための時間が必要となります。

はじめてお越しいただいたその日に、全ての歯石を取るというのは難しいということをご理解いただければと思います。

今の症状だけを診た応急的な処置ではなく、良いお口の中の環境を維持するための治療を、歯周病治療の専門家である歯科衛生士が患者担当制で責任を持って処置いたします。

長期的な視点から、お口の中を健康な状態に保つためには、様々な検査や歯茎の変化など経時的なデータが必要となりますので、ご理解をお願いいたします。

4月5月の休診日

4月5月の休診日についてお知らせいたします。

4月7日 院外研修のため終日休診
4月8日 研修移動のため午後休診
4月9日 院外研修のため終日休診
4月14日 院内研修のため終日休診
4月22日 院内研修のため午前休診


4月26日 通常通り診療

4月29日~5月5日までGWのため休診

土曜日や夕方以降のお時間はアポイントが大変取りにくくなっております。
キャンセル待ちのシステムもございますので、詳しくはスタッフにお問い合わせください。

また、キャンセル情報発信のため、キャンセルのご連絡は前日までにお願いいたします。

本気で出っ歯を治したいですか?抜歯矯正すれば、出っ歯が治ると思っていませんか?

こんにちは
立川駅南口徒歩5分の歯医者さん 立川デンタルクリニックすずき 院長の鈴木です。
最近のマスク生活もあり、矯正治療に対しての問い合わせが非常に多くなっております。
相談内容は、歯の向きやねじれを治したいというものから、噛み合わせが悪く物が噛み切りにくいというものまで様々です。

なかでも、前歯が前に出ているのが気になる。という方からのご相談も非常に多くなっております。

そこで、本気で出っ歯を治したいなら、この方法がお勧め!という矯正方法をご説明いたします。

そもそも歯並びが悪いというのは、どのような状態でしょう?

日本人で最も多いのが、顎の大きさに対して、歯が大きすぎて歯が並ぶスペースが無いパターンです。
スペースが無いから、重なってしまったり、ねじれてしまったり、出っ歯として前に出てしまいます。

つまり、矯正治療とはどのようにして、歯の並ぶスペースを作るのか?なのです。

スペースの作り方は、大きく分けると3通りあります。

(1)顎の骨を横に広げて並ぶスペースを作る方法
(2)奥歯を奥に動かして、並ぶスペースを作る方法
(3)歯を抜いて、歯の本数を減らすことでスペースを作る方法

これらの方法で、(1)や(2)で広げることの出来るスペースには限界があります。
少しのズレやねじれなら、抜歯せずに治すことが出来ますが、大きくズレている場合などでは、
この方法では十分なスペースを作ることが出来ない場合があります。

前歯がかなりガタガタしている場合などは、抜歯をして歯の本数を減らさなくてはいけない場合があるのです。

そして、(1)や(2)はマウスピース矯正が得意な歯の動かし方ですが、(3)はワイヤー矯正が得意な歯の動かし方です。

このような理由により、ガタつきが大きな場合は、マウスピースでは治せない。歯を抜かなくてはいけない。という結果になってしまいます。

しかし、ワイヤー矯正で歯を抜けば、必ず出っ歯は治るのでしょうか?

歯を抜くことで出来たスペースに歯を並べても、歯が並ぶスペースが出来ただけで、前に出ている前歯を奥に引っ込めるスペースが無い場合も数多くあります。

すると、歯並びは良くなったけれど、出っ歯はあまり治らなかった・・・という結果になってしまうのです。

先ほどの絵をもう一度見てみましょう。

歯のズレが大きくても、歯をしっかりと並べて、しかも、出っ歯をしっかりと治すためにはどうすれば良いか・・・

そこで、当院はハイブリッド矯正というものを提案しています。

ハイブリッドとは、二つの物を組み合わせるという意味です。
当院では、矯正治療中に装置を変えることで、より確実に前歯の位置を奥へと移動させます。

以前の記事でも書きましたが、ワイヤー矯正とマウスピース矯正にはそれぞれ動かし方に得意、不得意があります。

ワイヤー矯正とマウスピース矯正の違いについてはこちらの記事をお読みください

マウスピース矯正の特徴につきましてはこちらの記事をお読みください

ワイヤー矯正は、大きなズレを早く治すのに向いていますが、奥歯を奥に動かすのが苦手です。

マウスピース矯正は、奥歯を奥に動かすのは得意ですが、歯が重なっている場合などは、歯に力がかけにくいため、動かすのが苦手です。

ハイブリッド矯正は、その二つの装置を使い分けることにより、矯正治療初期の歯並びのズレが大きく、歯を抜いたスペースを早く埋めたいときは、ワイヤー矯正を行い、マウスピースでも十分に動かせるような歯並びまである程度治し、その後、マウスピース矯正により奥歯を奥に動かすことで確実に前歯を奥に移動させるという方法です。

ひとつの矯正方法では限界がある動かし方を、二つの装置のメリットを生かし、早く確実に動かしていきます。

この方法により、従来難しいとされていた、上の前歯が出ていて、かつ笑ったときに歯茎が大きく見えてしまうガミースマイルと呼ばれる状態も、ワイヤー矯正で歯並びとガミースマイルを改善し、マウスピース矯正で出っ歯を改善するということが出来るようになりました。

しかし、気になるのは、治療費だと思います。

当院では、ワイヤー矯正66万円(税込み 装置料)
マウスピース矯正99万円(税込み 装置料)
ハイブリッド矯正110万円(税込み 装置料)

となっております。詳細見積もりに関しては、無料矯正相談にてお話しいたします。
お気軽にお問い合わせください。
次回は、実際の症例を使いながら、さらにハイブリッド矯正についてご説明させていただきます。

次回の更新をお楽しみに!