歯科矯正についてのQ&A

こんにちは

立川駅南口から徒歩5分の歯科医院。立川デンタルクリニックすずき院長の鈴木です。

今日はサッカー一次リーグ最終戦ですね!突破がかかった大一番!頑張ってください!

今日は歯科矯正についてのお話しをさせていただきます。

意外に知らない歯科矯正の話も多いかと思いますので、最後までお付き合いいただければ幸いです。

まず、歯科矯正で歯並びが改善するとどんなメリットがあるか?についてです。

もちろん、見た目が改善します。笑った時に見える歯の並びで笑顔の印象が変わってきます。第一印象を大事にしている方も多いかと思いますが、素敵な笑顔は高感度を非常に上げるというデータがあります。

実際に行った実験では、歯のケアをしっかりと行っている人と、行っていない人。同じ年齢の同性、服装も一般的なスーツで髪型もほぼ同じ。

そこでイメージアンケートを取った所、歯が綺麗な人に対するイメージは、教養がありそう、年収が高そう、頭の回転が良さそう、育ちが良さそう、清潔そうなどのポジティブな意見が多かったのに対し

歯のケアを行っていない人に対しては、不潔そう、学歴がなさそう、暴力的で怖そう、年収が低そう、などのネガティブなイメージが多いというデータが出ました。

髪型も同様な結果になりましたが、不思議な事に、日本人は髪型やシャツの襟の黄ばみなどは気にする方が多いのですが、歯に関してはあまり気にしない方が多いように思われます。

そこで、矯正歯科の先進国、アメリカと日本でデータを調べてみました。

アメリカで矯正歯科専門医に歯並びについて相談したことがある人は67.5%いたのに対し、日本では23.5%という結果がありました。

日本人が矯正しない理由の第一位は金銭的な問題。第二位は…

なんと、気にならない、困っていない!でした。

歯科矯正の治療費はアメリカと日本ではアメリカの方が高額なのに、なぜアメリカの人は積極的に歯科矯正を行うのでしょうか?

そこには、医療保険制度の違いがあります。

日本では、国民皆保険制度が取られており、日本国民は必ず何かの医療保険制度に加入する義務があります。

それに対し、アメリカでは医療保険は任意保険です。高収入の人は高額保険に加入でき、高度な医療を受けることが出来ますが、未加入の人は最低限の医療し受けることが出来ません。

その点日本では、誰でも同等の医療を低価格で受けることが出来るというメリットがあります。が、しかし、最先端医療や見た目に関する医療、予防的な医療は保険給適応外となるために受けていない人が多いのが現状です。

予防的な医療が発展していない日本では、どんどん医療費が膨れ上がり、このままでは医療保険制度は破たんすると言われています。

アメリカでは、歯科矯正治療が完了した人は、医療保険加入費用が安くなる商品もあるそうです。

なぜ、矯正治療が終わった人は保険費用が安くなるのでしょうか?

そこには、見た目以外のメリットが沢山あったのです。

矯正治療をするとどんなメリットがあるのか…

は、また次回お話しします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.