ガムピーリングの術後について

こんにちは
立川デンタルクリニックすずき 院長の鈴木です。

今日は当院でも人気の治療、ガムピーリングの術後の状態についてお話しします。

ガムピーリングの説明前半はこちらから

ガムピーリングは歯肉に付着したメラニン色素を消す審美治療です。

喫煙者には多く歯肉の黒ずみが見られることがあります。
あまり処置をしている歯科医院が多くないこともあってか、ホワイトニングと同様の人気があります。
このガムピーリングの特徴は、歯茎に塗る麻酔薬のみで行うことが出来、痛みもほとんど感じないというのが特徴です。

今まで、数多くの患者さんへ施術してきましたが、注射での麻酔を希望された方は一人もおりません。
全員が塗る麻酔薬のみで処置を終えております。

また、一度の処置でほとんどのメラニンが消えるというのも特徴です。

実際の症例写真を見てみましょう。
術後の写真です。

ガムピーリング1回 費用上下6000円+税

術前の写真は前半にありますので、そちらをご覧ください。

歯肉の黒ずみが取れると、目の錯覚で歯も白くなったように見えるのが特徴です。

実際にこの患者さんもホワイトニングはしていないのですが、歯の色もワントーン明るくなったように感じます。

ガムピーリングは自費治療です。
歯肉の状態によっては、処置できない場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
また、痛みの感じ方も人それぞれですので、全員が無痛で処置できるわけではございません。ご了承ください。

価格は1ブロック6,600円(税込)~となっております(2021年3月)

詳細はお電話にてお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください