インプラントの治療の流れ

こんにちは

立川デンタルクリニックすずき
院長の鈴木です。

先日、帝国劇場で堂本光一さんの舞台中にセットが倒れるという事故が起きましたね。

あれだけ長くライフワークとしている、舞台でもこのような事故が起こってしまうんだな。とびっくりしました。

じつは、僕が披露宴を行った場所は、帝劇の隣の東京會舘という所でした。

打ち合わせの度に、帝劇のそばを通り、様子をうかがっていたものです。

今日は人が多いなと思うときは、堂本さんの舞台の日でした。
あれだけの人気を長期間維持できるのは凄いなと、感心していたものです。

負傷した方の一日も早い回復をお祈りいたします。

さて、今日は昨日の続き

インプラント治療の実際の流れについてお話ししたします。

まず、インプラントをするという事を相談で決めた後に
他の歯で、治療が必要な場所は無いか、歯周病の状態は問題ないかを確認していきます。

次に上下の型どりをして、模型を作ります。

その模型上で、どの位置に歯をどのくらいの大きさでいれれば良いかを設計していきます。

その理想的な歯の位置に合わせて、インプラントを入れる位置を決めます。

インプラントを入れる位置を決めたら、CT撮影を行います。

予定の位置にどのくらいの幅、高さの骨があるか測定し、インプラントの長さと太さを決めていきます。

その後、分析結果を説明し、そのままインプラント治療をするという事になってから、契約書、同意書を作成いたします。

そして、日程を相談し、インプラント治療を行う。

そのような流れになっています。

実際に最初の相談を受けてから契約書、日程相談までで、早くて1か月ほどかかります。

確かに金額の大きな治療なので、患者さんの立場からすると、勢いも必要なのかもしれません。

相談して、その場で日程決めて、次回にはインプラント治療!

そのようなスピーディーな歯科医院もあるのも事実です。

しかし、大きな金額の治療だからこそ、当院ではじっくりと考え、不安や疑問を解消してから治療に入る。

その方が長期的に見てトラブルの少ない治療、後悔しない治療が出来ると考えています。

ご質問等あればお気軽にご相談ください。

著者紹介

鈴木博貴(歯科医師)

2006年 岩手医科大学歯学部卒業

2007年4月20日 歯科医籍 第158595号 登録

2013年11月 立川デンタルクリニックすずき 開院

「口は身体の入り口 身体の健康は口の健康から」を医院理念とし

分かりやすく、笑顔で、一般歯科、口腔外科、小児歯科、矯正歯科の全ての分野で転院せずに歯科治療を終えることの出来る一貫性を持つことをモットーに治療している

座右の銘は「あの時の自分と今の自分を比べるのは、今の自分に失礼」というイチロー選手の言葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください