マウスピースの手入れの仕方

こんにちは

立川デンタルクリニックすずき
院長の鈴木です。

GW突入しましたね!
天気もいいようです。

当院では4日まで診療いたしますので
何かありましたらご連絡ください

さて、今日はマウスピースの手入れについてお話しします。

実は、歯ぎしり防止や顎関節症の治療、スポーツ用マウスピースで手入れの方法が違います。

当院ではそのマウスピースに合った手入れ方法を指導させていただいているのですが、中には何も教えられなかったから知らないという人も。

まず、スポーツ用のマウスピースをご使用の方。

この素材は乾燥させて保管します。
湿度が高く通気性が悪いところに保管しておくとカビが生えます。
スポーツ中に水分補給を行うことがあると思いますが、マウスガードは外してから水分補給を行うことをお勧めします。

装着したままスポーツドリンクなどを飲むと、歯とマウスピースの間に砂糖水が洗い流されずずっとあることになり、虫歯の原因になる事があります。
また糖分がマウスガードの表面に付着するとヌルヌルした感じになる事があります。

そのような場合は食器用中性洗剤を使用し、指で洗うようにしてください。
歯磨き粉を使用して歯ブラシで洗うと表面に細かな傷が付き、次に汚れが付きやすくなります。

良く洗い、乾燥させることで雑菌の繁殖を防ぐことが出来ます。

絶対にしてはいけないのは、食洗器に入れる事です。

そんなのしないよーって思うかもしれないのですが、
汚れたら食器用洗剤で洗ってくださいと言ったら、食洗器に入れた人実際にいるんです。

食洗器は汚れを落とすために熱を加えるものが多く、また、乾燥機能などもついているものもあります。
そのような熱を加えるとマウスガードは変形してしまう可能性があります。
全ての歯科用の物は食洗器で洗浄するのは控える方がいいと思います(笑)

次回は、歯ぎしりや顎関節症の治療用のマウスピースの手入れ方法についてお話ししますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください