顎関節症の治療

こんばんは

立川デンタルクリニックすずき
院長の鈴木です!

僕は結構な頻度でア○ゾンで買い物をします!

すぐ届くしね!!

3日前にちょっとした撮影機材を購入したんです。

歯の写真って撮るのむずかしいんですよ!

それで少しでも綺麗に撮れるように、新しい機材を注文しました!

翌日届いたのですが、開けてみると、全く別のものが送られて来ました。

返品の手続きをしたところ、返品返金はするから、もう一度注文してくれと言われました。

なので、昨日同じものをもう一度注文しました!

今日届いた箱を見て、嫌な予感はしたのてすが…

開けてみたら返品したばかりの商品…

全く同じものが送られて来ました…

何の嫌がらせ?(笑)

そんなにこれを買って貰いたい?(笑)

ちなみに、照明の傘でライトは付いてないので、何の役にも立ちません…(笑)

勿論、もう一度返品です!

さて、今日こそ治療のお話!!

顎関節症の治療は昔は色々な事をやっていました。

MRIを撮り、関節に注射してみたり、筋肉を動かす機械をつけてみたり、

しかし、長い期間経過を見ていくと、再発することが多く、それらの治療は患者さんの負担も大きかったので、今はあまりやりません。

最近は、可逆的治療と呼ばれる、
その治療を止めれば、治療していないときと同じ状態に戻せる。

そうゆう治療を選ぶようになってきています。

具体的に言うと、マウスピースの様なものを寝ている間に使用します。

歯ぎしり用のマウスピースと似ているのですが、噛み合わせが少し違います。

同じものではないので、間違えない様にしてください!

明日は自分でできる顎のストレッチについて説明しますね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください