麻酔の話

こんにちは

立川デンタルクリニックすずき
院長の鈴木です。


今日は台風ですね!

 

立川も午前中は結構降りました。

 

明日は晴れるといいですね。


今日は治療における麻酔の話。



最近、何人かの患者さんが勘違いしていることがわかったので、その話をさせていただきます。



例えば、虫歯を削って、白い詰め物を詰める処置を行うとき、痛みがないように麻酔をすることがあります。


「結構、虫歯が深いので、先に麻酔をします。」
というと、頑なに麻酔を拒否する患者さんがいます。


処置が終わった後の、麻酔が残っている感じが嫌だ。

という理由ならいいのですが、


麻酔をすると、治療費が上がるから、我慢するという患者さんがいました。




保険治療では、一部の治療を除き、虫歯の治療時に麻酔の有無で治療費が変わることはありません。



麻酔代も処置代に含まれているからです。




麻酔をしないで、虫歯を削り、痛みで反射的に急に動く方が口の中を切ってしまったり、健康な歯を削ってしまったりする可能性があるので、危険です。




麻酔を我慢しても、治療費は変わらないので、治療費が理由の場合は、麻酔をした方がいいかと思います。



もちろん、そこが理由じゃないよ!っていう人は
痛くないか確認しながら、処置を行いますので処置前にご相談ください。


著者紹介

鈴木博貴(歯科医師)

2006年 岩手医科大学歯学部卒業

2007年4月20日 歯科医籍 第158595号 登録

2013年11月 立川デンタルクリニックすずき 開院

「口は身体の入り口 身体の健康は口の健康から」を医院理念とし

分かりやすく、笑顔で、一般歯科、口腔外科、小児歯科、矯正歯科の全ての分野で転院せずに歯科治療を終えることの出来る一貫性を持つことをモットーに治療している

座右の銘は「あの時の自分と今の自分を比べるのは、今の自分に失礼」というイチロー選手の言葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください