独立に向けての動き

こんにちは

立川デンタルクリニックすずき院長の鈴木です。

改めて、投稿すると、自己紹介長いですね…(笑)

もう少しです(笑)

 

勤務医生活も丸5年たち、一つの職場で4年勤務して自分の治療の長期的な経過も見ることが出来るようになってきた頃

自分の医院を持つという事を考え始めました。

 

歯科医師になった時に35歳までに独立開業する!!

という目標を掲げて日々努力してきましたが、気が付くと34歳の誕生日を迎えようとしている。

このままでは、目標が達成出来ない。どうすればよいか、考えた僕は、少し変わった方法をとりました。

 

それは

その時勤務していた院長先生。会社で言えば社長です。

その院長に宣言したのです。

 

忘れもしない

2013年1月4日

仕事始めの日の夜。

初めて僕から院長を飲みに誘いました。

そして

「今年中に開業しようと思います。」

「場所とか、資金とか何も決まっていませんが

とりあえず、今年中に開業します」

 

通常、色々なことが決まり、時期も決まったあたりに

辞めることを報告するのがふつうなのかもしれません。

たしかに、

「だったら、明日から来なくていいよ」

といわれる可能性もありました。

そのあと、責任のある仕事が回ってこない可能性もありました。

しかし、僕は、自分が辞めることにより

勤務先の医院に迷惑を掛けたくなかったのと、

院長は人として先輩として尊敬していたので

僕の宣言に対して何か嫌がらせなどをするとは思っていませんでした。

僕の今の実力を一番わかってくれている人に

一番最初に伝えて、なんといわれるか反応が知りたかったです。

予想通り、協力をしていただき

嫌がらせなど受けることもなく

また、足りない部分、現状などのアドバイスを受けました。

その後もいつも通りに仕事をさせていただき、

打ち合わせ等で休み、早退なども許していただきました。

本当に感謝しております。

今でも、一番身近であり、でも、いつまでも追いつけなさそうな人は

院長です。

これからも目標にさせていただきます。

職場の協力を得て開業準備を始めた僕は一つの大きな決断をしなくてはなりませんでした。

 

それは開業場所でした。

僕は長男ということもあり、実家の函館に帰るべきではないのだろうか。

函館は地元だが、15年も住んでいない…

最近の人口の流れ、これから伸びてくる地域など全くわからない…

等の不安。

一人で悩んでも答えが出なそうなので

率直に親に打ち明けました。

普通に考えれば、親の気持ちとしては帰ってきてほしいだろうな…などと思っていました。

しかし、返ってきた答えは

「自分の好きなようにやれ」

「ただし、自己責任でやれ」

「それであれば、口出しはしない」

でした。

一番うれしい言葉であり、

一番心細い言葉でもありました。

全てを自分の決定で。

悩みました。

軽い不眠症にもなりました。(笑)

悪いこと、辛いことばかり考えてしまいました。

そんな時、尊敬する院長に相談しました。

その時の言葉が

「そんなんで不眠症になってたらこの先どうすんだ!」

「やりたいようにやって、ダメならまた振り出しに戻ればいい」

「命まで取られるわけじゃないんだ」

「これから先、もっと大変な事、山のようにあるぞ」

たしかに…

開業したい!と言ってはいても、

本当に覚悟が決まってなかったのかもしれない。

全てを開業に捧げれるか…

どこの地域で開業しても、今の歯科業界は激戦区ばかり。

そこで、地域性のリスクなど考えていても仕方ない!

やりたいようにやる!!

覚悟を決めました。

それで、自分のやりたい診療、やりたいスタイル、やりたいことを箇条書きにしたところ

立川の現在地で開業するということを決心しました。

開業地が決まると次々とほかの事を決めなくてはなりません。

その打ち合わせでも様々な人に助けてもらったのですが、

その様子はまた次回…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.